【ジャンプ】食戟のソーマ:第286話「料理人の価値」あらすじ&ネタバレ

食戟のソーマ:第286話「料理人の価値」

※2018年11月5日発売週刊少年ジャンプ49号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】食戟のソーマ:第285話「最後の晩餐」あらすじ&ネタバレ
食戟のソーマ:第285話「最後の晩餐」 ※2018年10月29日発売週刊少年ジャンプ48号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 「最後の晩餐」というお題に対し...

無事に第一関門を突破した創真。

タクミと恵も同じくお題をクリアしたが、それぞれ変わったお題を出されており、今年のBLUEは何かが違うと疑問を持つ。

続いて案内された第二の門。

そこにはコンビニが建てられていた。

第二の試練について説明を始めるWGO二等執行官ランタービ。

コンビニ内の商品を使って調理を行い、それをランタービが審査する。

合否の基準は『100ドル以上の金を支払う価値のある一品を作り上げること』だった。

コンビニにある商品は一般的な食材ばかりで、100ドル以上の価値を見出せるような高級食材はひとつもない。

どうすればいいのかわからず、身動きが取れなくなる参加者たち。

一方、「審査員たちが試したいのはもっと”先”のところにある」と考える創真たち。

そこへ第一の門を免除された料理人たちがやってくる。

その中には、司瑛士の姿があった。

創真「司先輩!」

「大勢の前で料理するのが苦手なのに、よく出るって決意したすねえ」

という創真に、出るか迷ったけれど、不思議と負ける気がしないと答える司。

司「俺もこの数か月で少し…強くなれたのかもしれないな」

そして、どちらの皿がより荒稼ぎできるか競争しようと提案する。

創真「いいっすね…!燃えてきましたわ。やっぱ第一席はそうでなきゃいけねーっすよ!!」


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント