【ジャンプ】食戟のソーマ:第287話「コンビニの合戦」あらすじ&ネタバレ

食戟のソーマ:第287話「コンビニの合戦」

※2018年11月12日発売週刊少年ジャンプ50号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】食戟のソーマ:第286話「料理人の価値」あらすじ&ネタバレ
食戟のソーマ:第286話「料理人の価値」 ※2018年11月5日発売週刊少年ジャンプ49号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 無事に第一関門を突破した創真。...

第二の門!!

コンビニに置いてある素材で料理を作り

判定員に100ドル(およそ1万円)の価値があると判定されれば試練クリア!

門を通過できるのだ

司は創真に競争しようと誘い、創真も乗り気になっていた。

そこへ司をインタビューしに大勢の報道陣と大泉たちが現れる。

ノワールに優勝されたくない大泉たちは、優勝候補である司を持ち上げようと必死になっていた。

そして、ノワールメンバーもまた、ライバルとなりえる司を値踏みしていたのだった。

期待値の違いに不満を感じる創真たちは、「この試練で自分たちも優勝候補の一角だと示す」と気合を入れる。

ひとまずコンビニで売っている食材をチェックする創真たち。

家庭で食べる料理に使うなら申し分ないレベルだが、1万円以上の評価となると難しいと悩む恵。

それを聞いた創真は、今回の試練は「平凡な食材同士を組み合わせることで、いかに新しく意外な美味しさ作り上げられるか」という勝負になると確信する。

そして、牛肉の大和煮缶を利用した『即席!牛肉缶すき焼き御膳』を完成させて、判定員のランタービのもとへ運ぶ。

試食をしたランタービは…

「マイナス14ドル」

課題の意図を踏まずに商品を無駄に使ったと言い、創真の財布から14ドル分のお金を取る。

「今あんたのした調理は…ただの『足し算』だってことよ」

ランタービの言葉に言葉を失う創真。

「そういうことさ」

創真に続いて司が完成した料理を持ってくる。

「『デミグラスソースで味わうビーフ&チキンの競演』でございます」

その料理に何かを感じ取るランタービ。

「わかってるじゃないの」

試食したランタービはその美味しさに魅了される。

そして創真に声をかけ、「”足し合わせ”ではなく”掛け合わせ”がプロの技術というものだ」と告げる。

「さあ判定よ!」

「プラス…587ドル!!」

試練をあっさりクリアする司。

定食屋の料理じゃ1万円の品はないため、創真には難しいだろうというランタービに、そうとも限らないと答える創真。

「ありましたわ。このお題におあつらえ向きのメニュー…!」

「まあ見ててくださいよ。数万出しても惜しくない…ゆきひら自慢の一品出しますんで!」


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント