鬼滅の刃:第125話「迫る夜明け」あらすじ

鬼滅の刃:第125話「迫る夜明け」

※2018年9月10日発売週刊少年ジャンプ41号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。


 

夜明けが近づいてきている

甘露寺さんは大技連発で体力も長くもたないだろう

そして夜が明けたら鬼は逃げる

急がなければ

逃げ回る半天狗に向かって大木を投げつける玄弥。

しかし、半天狗は俊敏に避けながら逃げ続ける。

夜が明ける前に仕留めたい炭次郎。しかし、足を痛めて追いつくことができない。

その時、雷の呼吸の話を思い出す。

力を集中し、足にためて一気に爆発させることで、半天狗に追いつく炭次郎。

首に一太刀浴びせるが、切り落とすまではいかなかった。


『弱いものいじめをするなぁぁ!!』

とたんに巨大化する半天狗。

炭次郎の顔を掴み、握りつぶそうとする。二人に追いつき半天狗の手を外そうとする玄弥。

そこへ禰豆子が爆血を放つ。

隙を見せた半天狗の両腕を引きちぎる玄弥。

炭次郎と禰豆子は半天狗と共に崖から落ちる。

腕をもがれた半天狗だが、かろうじて生きていた。

人間を襲って回復しようとする。

炭次郎は必死の形相で「逃がさない」と言うが、すぐそばには人間の姿が。

半天狗は人間に向かって走り出す。

炭次郎が後を追おうとしたその時、目の前に1本の刀が刺さる。

それは時任が崖の上から投げた刀だった。

『それを使え!』

炭次郎は刀を手にし、半天狗の元へ。

『円舞一閃』

炭次郎の背後には、首を切り落とされた半天狗の姿があった。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント