【ジャンプ】アクタージュ:第41話「新星」あらすじ&ネタバレ

アクタージュ:第41話「新星」

※2018年11月12日発売週刊少年ジャンプ50号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】アクタージュ:第40話「銀河鉄道」あらすじ&ネタバレ
アクタージュ:第40話「銀河鉄道」 ※2018年11月5日発売週刊少年ジャンプ49号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 子どもの頃を思い出す七生。 目...

舞台上の景を見て、もはや人格から別人と化していると判断するアキラの母・アリサ。

芝居が続き、舞台上には椅子が置いてあるだけだと気づく観客たち。

「カシャン」

『ごらんよジョバンニ』

『この汽車…銀河を走っている』

観客たちには、あるはずのない車窓が開く音が聞こえていた。

ついに現れた

いつかの星アリサを想起させ

明神阿良也と肩を並べる役者

「何者だ…あれは」

そして、劇団員たちの目にも、あるはずのないセットが見えていた。

銀河鉄道は心の中にある

ならば観客の心に作らせればいい

巌の言葉を思い出す七生たち。

(巌さんは私たちと一緒にいる)

そして、七生はペットボトルの水を頭からかぶる。

「メイク直してくる。泣き面のままじゃ不細工でしょ?」

その姿を見て、代役は必要ないと安堵する亀太郎。

景の演技力でこの舞台が成り立っていると感じているアリサ。

しかし、なぜ息子のアキラが選ばれたのかは図り切れずにいた。

(やれるのか…あの中で。僕の芝居が通用するのか…?)

アキラ本人もまた、不安な気持ちを隠し切れないのだった。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント