【ジャンプ】約束のネバーランド第111話「望まざる客」あらすじ&ネタバレ

約束のネバーランド第111話「望まざる客」

※2018年11月12日発売週刊少年ジャンプ50号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】約束のネバーランド:第110話「すべきこと」あらすじ&ネタバレ
約束のネバーランド:第110話「すべきこと」 ※2018年11月5日発売週刊少年ジャンプ49号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ ユウゴとルーカスを心配する...

メモについて話すエマのところに、ドミニクとアリシアがいなくなったことを知らせに来るギルダ。

心配して探しに向かう仲間たち。

地上へ出たその時、2発の銃声が聞こえる。

エマたちが駆けつけると、その場に立ち尽くすドミニクの姿が。

「逃げて!!来ちゃダメ!!」

その直後、仲間の一人が銃撃される。

ドミニクも足を撃たれてのたうち回る。

「…いたァ…」

「見つけたぞォ食用児ィィィッ」

そこには、骨が見えるほどに重傷を負ったアンドリューが、アリシアを抱えて立っていた。

そして、アリシアに銃を突きつけ、エマたちに跪くよう命令する。

「殺処分だ」

殺気立つアンドリューの背後からザックたちが隙を突こうとするが気づかれてしまう。

「小賢しいわ!!」

倒れたドミニクを踏みつけるアンドリュー。

その隙に銃を拾いアンドリューに銃口を向けるエマたち。

「撃てるのか?エマ。フィルに会って聞いたよ」

アリシアたちと一緒にいた3人は、人間である自分を撃てなかった。

「いとも簡単に殺せたよ」

そして、ユウゴたちも死んだとエマたちに告げる。

その言葉にためらいながらも銃口を向けるエマ。

「撃てないよ」

「私は人間で、かつ撃てば私はこのガキ共を殺す」

「仲良く全員であの世へ行くんだ…さあ!」

その時、闇の中に一発の銃声が響く。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント