僕らは奇跡でできている:第7話|全話あらすじ&ネタバレ

僕らは奇跡でできている:第7話(11月20日放送)あらすじ

ある日、仮病で学校を休んだ虹一(川口和空)が、家を抜け出して一輝(高橋一生)の大学を訪ねてきた。母親にずる休みしたことがバレ、大切なスケッチブックを取り上げられたのだ。

一輝は、「家にいたくない」と言う虹一を自宅へ連れて帰り、自分の部屋に招き入れる。虹一の居場所を母・涼子(松本若菜)に伝えるため、育実(榮倉奈々)のクリニックへ向かった一輝。そこで、虹一の家出に慌てふためく涼子と遭遇する。

育実とともに相河家を訪れた涼子は、虹一を強引に連れて帰ろうとするが、自分を“ダメ”呼ばわりする母に、虹一は帰宅を拒む。

育実は、虹一のことでしきりに周囲の目を気にする涼子に、自信がないゆえ同じように周囲を気にしていた、かつての自分を重ね合わせる。

翌日、一輝は虹一を連れて森へ。念願だった森を訪れて笑顔になった虹一が相河家に戻ると、涼子が待ち構えていた。

虹一が学校で悪目立ちしていて、自分も恥ずかしい思いをしていると嘆く涼子に、一輝は自分の少年時代について話す。その意外な過去に、いっしょに話を聞いていた育実は驚いて…。

そんななか大学では、一輝に熱をあげる琴音(矢作穂香)が、新庄(西畑大吾)、桜(北香那)、須田(広田亮平)を連れて、突然一輝の研究室に現れる。琴音は「話がある」と、鮫島(小林薫)を呼び出して、一輝にゼミを担当して欲しいと話す。

数日後、再び相河家を訪れた育実。すると突然、山田(戸田恵子)は口実を作って外出してしまい、育実は一輝と2人きりに。育実が帰った後、一輝が山田に真意を問うと、山田は密かに2人の結婚式を想像していると告白。すると、そんな山田に、一輝が思いもよらない質問を投げかけて!?

出典:公式サイト

勉強が苦手な虹一に「やればできるということを教えてあげたい」と一輝に話す涼子。そんな涼子に自分も子どもの頃、虹一と同じような状況だったことを告白する。

理科だけは好きだった。「すごい」と言われたいから理科クラブだけは続けた。誰にも負けたくなくて「すごいことをやらなきゃ」と思っていたら、生き物の観察が楽しくなくなった。

祖父に「やりたいならやればいい。やらなきゃと思うならやらなくていい」と言われた。

理科ができても出来なくても、僕はいてもいいんだなぁって思った。そして、生き物の観察をまたやりたいと思えるようになった。

自分は今でも人よりできないことがたくさんある。でも、やれることがあってありがたい。

そんな話を泣きながら告白する一輝。素直な告白を聞いて、涙を流す育実。

虹一は絵を描くことと、お母さんのことが大好きだ、と一輝。

そして、虹一は母親と一緒に帰宅する。

一輝の祖父のもとを訪れる鮫島。

二人はお互いに一輝のことを想い、心配していた。

桜に父親に愛人がいる話をする琴音。桜には何でも話したくなる。「誰にも話せないようなことでも話してしまう」のは才能だという琴音。

新庄たちもそれに同調するのだった。

一輝の家を訪れる涼子。虹一の目の検査をしたところ、光に過剰反応をしてしまい、そのせいで文字を読んでいると頭が痛くなったりしていたのだと話す。

育実と一輝を二人きりにして外出をする山田さん。

自宅に戻った涼子は虹一に「ダメなお母さんでごめんね」というが、「ダメじゃない。お母さんのすごいところ、100個言えるよ」と虹一。

その頃、自分も育実のすごいところが100個言えると挙げていく一輝。それを聞いて、自分でも自分のすごいところを挙げていく育実。

一輝と会ううちに、いつのまにか笑顔を取り戻していた。

帰宅した山田さんは、一輝に育実との結婚をさりげなく勧める。

結婚式の話になり、「山田さんはどの席に座りますか?」と一輝。そして…

「僕は、山田さんから生まれたんですよね?」


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

各話あらすじ

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終話

参考リンク

https://youtu.be/-RxXEmbaTc4

コメント