【ジャンプ】鬼滅の刃:第136話「動く」あらすじ&ネタバレ

鬼滅の刃:第136話「動く」

※2018年11月26日発売週刊少年ジャンプ52号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


修行が一段落し、食事をする炭次郎たち。

悲鳴嶼は何だかんだでいい人だ、と玄弥。

才能がないから継子にはしてもらえなかったが、自分が鬼喰いをしていることを察して弟子にしてくれたし、体の状態を診てもらうよう胡蝶を紹介してくれたと話す。

食べ終わったら義勇のところへ行くという炭次郎だが、玄弥はまだ一町分も動かせていないから無理だと答える。

そんな玄弥に「俺はもう少しだ。呼吸も使えないのか。雑魚が!!」と罵る伊之助。

二人が取っ組み合いのケンカをしているのを仲裁する炭次郎。

そして、玄弥に「一緒に行けるならその時話そうと思っていた」と、玄弥の兄である風柱について話す。

岩の上にたたずむ善逸に声をかける炭次郎。

「やるべきこと、やらなきゃいけないことがはっきりした」と話す善逸。

炭次郎は口数が減った善逸を心配するが、

「これは絶対に俺がやらなきゃダメなんだ」

とだけ答える。

炭次郎は様子がおかしい善逸と、預けっぱなしの禰豆子を心配しながら義勇のもとへ向かう。

義勇は風柱・不死川と刃を交えていた。

互いに譲らない攻防の末、同時に二人の木刀が折れる。

物陰から見ていた炭次郎だが、次は素手で殺し合う…と物騒な不死川の物言いに思わず飛び出してしまう。

「おはぎの取り合いですか?」

不死川のところで稽古をつけてもらっていた時、ずっとほのかにもち米とあんこの匂いがしていたと炭次郎。

義勇「不死川は…おはぎが好きなのか…」

炭次郎「美味しいですよね!こしあんですか?つぶあんですか?」

我慢できずに炭次郎を殴り飛ばす不死川。

殴られ気を失っていた炭次郎が目を覚ますと、不死川は怒って立ち去ってしまっていた。

炭次郎は義勇になぜケンカをしていたのか問うが、ケンカではなく柱稽古の一環だったと義勇。

邪魔をしてすみませんと謝る炭次郎。

義勇「自分はうまくしゃべれなかったし、不死川はずっと怒っていたから好物が分かってよかった」

今度から懐におはぎを忍ばせておいて、不死川に会ったときに渡せば仲良くなれると思う、と話す義勇に、自分もそうすると炭次郎。

その頃、イライラしながら歩く不死川は、草むらから何かの気配を感じる。

すばやく捕まえ握りつぶしたのは…鳴女が鬼殺隊の居場所を把握するために放ったものだった。

一方、産屋敷邸。

お館様「やあ…来たのかい」

「初めましてだね…鬼舞辻…無惨」

無惨「…何とも醜悪な姿だな…産屋敷」


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント