【ジャンプ】ブラッククローバー:第183話「暴れ牛 頂上決戦参戦!!」あらすじ

ブラッククローバー:第183話「暴れ牛 頂上決戦参戦!!」

※2018年11月26日発売週刊少年ジャンプ52号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


ようやく王都に到着したアスタたち。

「人間共が!いくら寄り集まっても我らに敵うものか!!」

エルフたちが牛ロボに向かうが…

ラックの魔力高感知

バネッサの運命操作絶対回避

チャーミーの魔力回復

そして、牛ロボの攻撃によって近寄ることができない。

「黒の…暴牛…!!」

その様子を苦々しい表情で見つめるパトリ。

「私が行く」とアスタたちに立ちはだかったのは…

”珊瑚の孔雀”団長・ドロシー・アンズワース(レーヴ)だった。

ドロシーの魔法で牛ロボの一部が消滅し、バネッサ・マグナ・ラック・チャーミー・サリーが夢の世界へ連れて行かれてしまう。

「これで防御の要は消えた…」

合体魔法”断罪光帝剣の嵐”

エルフの魔法で崩れ落ちる牛ロボ。

「後は俺たちに任せて…オマエは大好きなリヒトと先に行ってこい」

パトリを行かせ、アスタたちの相手に名乗り出るゴーシュ。

その頃、バネッサたちは夢の世界でドロシーと対峙していた。

ドロシー「…ようこそ…私の思うがままの世界へ…」


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント