【ジャンプ】アクタージュ:第43話「正しい芝居」あらすじ&ネタバレ

アクタージュ:第43話「正しい芝居」

※2018年11月26日発売週刊少年ジャンプ52号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


いよいよ、七生とアキラの出番になる。

自分を取り戻した七生は、タイタニック号の沈没で犠牲になった少女の役をうまく演じる。

続いて登場したアキラは、「正しい芝居」に徹するのだった。

一つ一つ丁寧に

正しい感情を

正しく表現する

しかし、アキラはなぜか客席が目につく感覚にとらわれる。

そして、景たちは裸なのに、自分だけ服を着ているような情けなさを感じていた。

(僕には…彼女たちと同じ景色が視えていない)

その様子に、モニターで見ていた亀太郎たちは「また形だけの芝居になっている」と心配する。

芝居をしながらどう立て直せばいいかを思案するアキラ。

(巌さん…僕は今どうすべきーー)

公演は数十日に及ぶ

進化する芝居こそ演劇だ

巌の言葉を思い出すアキラ。

そして、今日はこのまま終わらせて、今回の反省を次の舞台に活かすべきだと考える。

その時…

『具合がよくないようですけど大丈夫ですか』

景がアキラにアドリブを投げかける。

『?どうぞかけてください』

なぜ僕に?と焦るアキラ。

(ああ…僕はどうすべきなんだ?)


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント