【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第207話「先手必勝!」あらすじ&ネタバレ

僕のヒーローアカデミア:第207話「先手必勝!」

※2018年11月26日発売週刊少年ジャンプ52号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


試合に向けてしっかりと対策を講じるB組の凡戸・泡瀬・鎌切・取蔭。

実況のブラド先生は、今のところ両組とも1勝1分で互角のように見えるが、A組の1勝は心操のおかげだとB組贔屓な解説をする。

その様子にブーイングをするA組の面々だが、相澤先生に「現場で失敗しても同じことをするのか?B組のほうがより深く対策を講じているのは事実だ」と咎められる。

対するA組チームは爆豪・佐藤・瀬呂・耳郎の4人。

仲間たちの言葉を聞かずに先手必勝をゴリ押しする爆豪。

「本当に大丈夫かな…」そんな耳郎の心配は的中する。

「ハイしゅーりょー」

耳郎の索敵を逆手に取ったB組・取蔭。

取蔭切奈(とかげせつな)

個性「トカゲのしっぽ切り」

全身バラバラに切り離し行動できる

個性伸ばしによりなんと現在50に分割可能

取蔭の攻撃を避けるために、バリケードテープを張り巡らせる瀬呂。

そこへ、B組・凡戸が接着剤を噴出する。

凡戸固次郎(ぼんどこじろう)

個性「セメダイン」

接着剤を噴出

乾きの早さは調整可能

さらに、鎌切が退路を絶つ。

鎌切尖(かまきりとがる)

個性「刃鋭」

全身から刃を出すことができる

A組の動きがすべて逆手に取られている、とデク。

B組チームは索敵が得意な耳郎を狙う。

救けて勝つ

勝って救ける

鎌切が耳郎に迫ったその時、耳郎を庇った爆豪の攻撃が鎌切にヒットする。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント