【TBS・火曜ドラマ】中学聖日記:第8話(11月27日放送)あらすじ&ネタバレ

中学聖日記:第8話あらすじ

野上(渡辺大)との交際を決めた聖(有村架純)の前に、突然現れた愛子(夏川結衣)。動揺を隠せない聖だったが、「晶(岡田健史)と会いましたか?」という愛子の問いに真摯に答えようとする。

そんな様子を見ていた美和(村川絵梨)は聖の過去を探ろうと愛子に接近するが…。

その頃、小宮第一小学校では学習発表会が近づいていた。聖は野上とともに懸命に準備を進めていたが、ある朝教室の扉を開けると、子どもたちが誰も登校しておらず…さらには聖と晶の3年前の事件が保護者に知れ渡り、母親たちが乗り込んで来て…!?

一方晶は、るな(小野莉奈)に自分の本当の気持ちを伝えようとするが、るなは一向にそれを受け入れようとはしない。思い悩み、学校にもアルバイトにも全く行かない状況を見兼ねた上布(マキタスポーツ)は晶に説得をするが、口論の末、晶は思わぬ行動にでる!?

出典:公式サイト

聖の過去を持ち出し、他の保護者とともに乗り込んできた美和。

釈明を使用とする聖を遮り、「事実ではない。こんなことをしても彩乃ちゃんは戻ってきませんよ」とフォローする。

野上の説得もありその場はなんとか丸く収まるが、聖は千鶴の「今後も過去の話はスルーしたほうがいい」というアドバイスに思い悩む。

学校の門の前で彩乃を待っていた美和。「お母さんが衣装を作る」と話しかけるが、「先生の悪口をいうお母さんなんて大っ嫌い」と突き放されてしまう。

知人の結婚式の件で電話をした勝太郎は、律と付き合っていることを告白する。

るなと会った晶は、聖と会った時の話をする。そして、自分の気持ちは変わっていない、もう付き合うのはやめようと言うが、るなは拒否する。

晶が学校にほとんど行っていないこと、成績優秀なのに進学ではなく就職を希望していることを心配した愛子は、聖に恋人がいることを話し、晶が何を考えているのか話して欲しいと懇願する。

「自分で決めて自分で責任を取るよ」

そういって家を飛び出す晶。

晶は父親の手紙を読む。そこには、日本へ帰国していることや、晶と話したいといったことが書かれていた。そして、父が滞在しているであろう「山江島」という地名も。。

海外赴任になるかもしれない、部長である律が検討中だと聞き、「自分を試してる?」と確認する勝太郎。

「ただの人事だ」と律。遠距離は無理だと言われた勝太郎の「聖の時も無理だった」との言葉に眉をひそめる律。

「離れることになったら結婚しよう」という勝太郎に、律は「聖ちゃんの時とは違う。そんな試すようなことはしなくていい」と言って抱きしめる。

飲み屋で潰れていた美和を家まで送る聖。彩乃のために作った衣装を見て、変わる努力をするべきだと訴える。

しかし、「自分はどうなの?ただ逃げてるだけでしょ」と言われ、何も言い返せない。

美和の家から帰る途中で晶と会う聖。

晶は父親からの手紙について相談しようとするが、「3年前のことで問題が起きている。もう来ないで」と強く突き放す聖。

「僕なら…過去をなかったことにしない」

晶は過去を捨てて新しい場所でやり直そうとしている聖に、「がっかりした」といって立ち去る。

学習発表会当日、彩乃の様子を見に来た美和。「頑張って仕事と家を見つけて迎えに来るから」と彩乃に告げる。

「お母さんはだらしなくてうそつきだから会うなって。でも…大好きだから。絶対迎えに来てね」

そういって、美和の作った衣装を受け取る彩乃。

美和は「根も葉もない噂を流してごめんなさい」と聖に謝罪するが、「あの噂は本当です」と他の保護者もいる前で告白してしまう。

その後、職員室には保護者達からの電話が鳴り続ける。しばらくの間、聖は職員室での事務処理を言い渡される。

なぜ喋ったのかと責める千鶴に、「このままじゃ変われない。いい先生になんてなれない」と聖。

晶がバイトにも行っていないと聞いた上布は、お母さんを安心させてあげるべきだと説教するが、「自分だって家庭のある男性を好きになって離婚したくせに…」と聞く耳を持たない晶。

翌日、晶の部屋で「今までお世話になりました」という書き置きを発見した上布は愛子のもとへ。

さらに、るなが晶を捜しに聖のところへ探しに来る。

その日の夜、学校の職員室に晶から電話がかかってくる。

「こないだはすみませんでした。先生…頑張ってください」

最後にそれだけ言いたくて、と電話を切る晶。

聖は電話が切れる直前に聞こえた「山江島」をパソコンで検索しようとするが、そこへ野上がやってくる。

二人で帰る途中、「実家の料亭を継ぐことになったので、一緒にこの町を出よう」と誘う野上。しかし、聖は何も答えられない。

「ダメですかね…やっぱり。会いたい人がいるんでしょ?」

そう言われ、晶との日々を思い出す聖。

「行ってください」

野上の言葉に後押しされるように、自転車をこぎ出す聖。

そして、山江島行きのフェリーに乗った晶を見つけた聖はそのまま乗り込む。

二人を乗せたフェリーが静かに動き出す。。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

各話あらすじ

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話

参考リンク

YouTube

コメント