【ジャンプ】ブラッククローバー:第184話「夢想の世界」あらすじ&ネタバレ

ブラッククローバー:第184話「夢想の世界」

※2018年12月3日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


ドロシーの魔法空間に閉じ込められたバネッサたち。

「すべては私の…思うがまま…」

あくびをするドロシーは大きなバクを出現させる。

バネッサたちを噛み殺すバク。

「永遠に…おやすみなさい」

しかし、バネッサの糸魔法で結果を変えて事なきを得る。

さらに、チャーミーの魔力回復で無尽蔵の魔力供給も可能なため、一筋縄ではいかないと考えるドロシー。

回復する暇も与えないほどの連続攻撃を加える。

そんな中、ラックとマグナに雷魔法、つづけて炎魔法で攻撃するよう指示を出すサリー。

サリーの推測通り、ドロシーの繰り出した水魔法は大爆発を起こす。

現実と同じ理屈が通じると分かったが、それでもドロシーを傷つけることは難しいとサリー。

「早くここから抜け出さないと」と焦るマグナたちだが、「もう、そんな時間はない」とドロシー。

その言葉通り、チャーミーとバネッサは強い眠気に襲われる。

グラマーワールドの中ではだんだんと眠くなってきて、一度眠ってしまうと二度と目覚めないのだとドロシー。

マグナやラックたちも眠気に襲われ万事休す。

その時、サリーが何かを思いつく。

「これ!なんだかわかるかなぁ~?」

そういって、手で丸を作って目の前に当てる。

「正解はぁ~”メガネ”だよっ」

その瞬間、サリーの目の前にメガネが現れる。

サリーは、この世界ではドロシーが”想ったもの”が出現するのでは?と分析し、試してみたのだった。

「そぉゆうわけで~~~この世界からのぉ~~出口!!出口!!!出口!!!!創ってよぉ~~!!」

サリーが叫ぶと、あたりにたくさんの扉が出現した。

「一度頭に思い浮かべたものを意識して消すなんてフツーは難しいからね~~」

ドロシーが無敵なのはグラマーワールドの中だけ。この世界から出ればなんとかなる、とマグナたちは気合を入れる。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント