【ジャンプ】ブラッククローバー:第185話「夢幻の邂逅」あらすじ&ネタバレ

ブラッククローバー:第185話「夢幻の邂逅」

※2018年12月10日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


出現した扉に向かうラックたち。

しかし、ドロシーは扉に鎖を巻き付けて封じてしまう。

こうしている間にも睡魔に襲われ眠ってしまう…とバネッサ。

その時、ラックが何かを思いつき、仲間たちに話す。

何をしても無駄だ、とドロシー。

「出番だよバカマグナー!」

そう言われたマグナは、よく分からないまま炎魔法であたりに煙を充満させる。

「この世界で私から逃れようなんて無駄…」

ドロシーがそう言いかけた時、目の前にぼやけた自身の姿が現れる。

それはチャーミーの綿とバネッサの糸でつくった人形を、マグナの炎で起こした陽炎でぼやかしているだけの偽物だったが、ドロシーは”本物である可能性”が頭をよぎり…

なんと、”本物の”ドロシー・アンズワースを出現させてしまう。

「よっしゃぁぁぁ~~!珊瑚の孔雀団・団長様出現んんん~~!!」

大喜びのマグナたち。

「キミタチが私を呼び出したの…それはぁ~~」

「グッジョブだよ~~~~!黒の暴牛のみんな!!後は私に任せてっ!!オネーサン団長だからねっ!!」

と、明るく答える本物のドロシー。

そこへ攻撃を仕掛けるエルフドロシー。

二人分の夢想を支えきれなくなり、グラマーワールドは崩壊する。

「あー楽しかった!オネーサンスッキリ☆」

グラマーワールドが崩壊したことで、本物のドロシーも消えてしまう。

現実世界に戻り、マグナとラックは合体魔法を繰り出す。

『炎雷爆迅砲!!!』


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント