【ジャンプ】ハイキュー!!:第331話「エースのめざめ」あらすじ&ネタバレ

ハイキュー!!:第331話「エースのめざめ」

※2018年12月17日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


中学時代を思い出す赤葦。

中学

一生懸命やった

言われたことをやった

仲間の多くは怒られないためのプレーをした

特に疑問は持ってなかった

バレーは好きでも嫌いでもなかった

どの高校に進学するか悩んでいた頃、見学に行った試合で木兎を見た。

…漠然と”スター”だと思った

衝撃的だった

こんな風にバレーボールをする人は身近で初めて見た

そして、赤葦は梟谷への進学を決める。

バレー部に入部し、木兎から「ちょっとだけスパイク練習に付き合って」と言われる赤葦。だが、「ちょっと」どころではない猛練習に付き合わされる。

木兎「アカシ!」

赤葦「アカアシです…」

木兎「お前のトス最高だぜ!!」

ストレートに褒められて、無表情ながらも喜ぶ赤葦。

木兎に付き合わされる赤葦を心配した先輩が「代わってはやらねぇけど言い訳考えてやるぞ」と声をかけるが、「スター選手と練習するの楽しいです」と返す。

その後、不甲斐ない試合をした後には、「ちょっとだけスパイク練習付き合って」と赤葦に声をかけるようになった木兎。

(木兎さんは「本気には本気で応えなくては」と思わせる人だと思う)

誰が何と言おうと

今 俺達が世界の主役

確かな大志を抱いて梟谷に来たわけじゃない

梟谷に来れてよかった

赤葦が過去に思いを馳せていた頃、臼利は赤葦の心理状態を分析していた。

相手に大きくリードを許し

エースの攻撃は決まらない

対して、相手のエースは絶好調

せめて相手を出し抜く1本が決まれば、反撃の狼煙となる

(…って思うタイミングちゃね)

ツーを読まれて失点したことに「大罪だ」と反省する赤葦。

(この試合を3年生最後の試合にはさせない)

一方、観客席では研磨たちが臼利について分析をしていた。

赤葦のツーに真っ先に気づき、サーブも良い。

「じゃあ、やっぱり1本目のサーブはわざと力を抜いてたね」

赤葦が木兎を使わないと予想し、ブロックを速攻に絞らせた。そして、取りやすいサーブでより速攻(まんなか)を使いやすい状況を作った。

「梟谷の出鼻と赤葦のメンタルを折るための”誘いのサーブ”だったんだ」

「ヤなことするよね…」

と目を細める研磨。

研磨の分析通り、試合前のミーティングで「木兎を潰すなら同時にセッターも潰すべきだ」と発言していた。

自分の思惑通り、順調に赤葦のメンタルを削っていると喜ぶ臼利。その様子を見たチームメイトは「臼利ってハツラツと性格悪いよな」と呟く。

続いての梟谷の攻撃、赤葦のトスが低くブロックにワンタッチされ決めきれない。それを見た臼利は高いトスを上げ、わざと同じ攻撃を仕掛ける。

しかし、梟谷のブロックを避けたスパイクは拾われてしまい、木兎が力強いスパイクを決める。

(…ああ…身が竦む)

臼利は木兎の強烈なスパイクに身動きがとれなかった。

さらに梟谷の攻撃、木兎にアンダーでトスが上がる。貉坂のブロッカーが動き、「対木兎シフトだ」と研磨たち。

(内側(クロス)をご所望か)

(じゃあ超インナーをくれてやる)

木兎は咄嗟に判断し、超インナーに打ち込んだスパイクは貉坂のコートに突き刺さる。

貉坂18-14梟谷

「俺は今まで『みんなのおかげのエース』だったけど、あと何日かでお前らとはお別れだからいい加減」

「ただのエースになるよ」

木兎の表情が変わった。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント