【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第210話「ワン・フォー・オールの夢」あらすじ&ネタバレ

僕のヒーローアカデミア:第210話「ワン・フォー・オールの夢」

※2018年12月17日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


「ワン・フォー・オールの夢」について話し始めるグラントリノ。

その頃、第5セットを見守るA組の面々が試合を予想する。

爆豪たちとフォーメーションが似ているという飯田に、耳郎のような索敵係がいない分、慎重に行動しないとすぐやられるだろう、と瀬呂。

さらに、自分たちの時みたいに誘い出して位置を特定するのであれば、緑谷が爆豪以上の働きをする必要がある、と続ける耳郎。

皆の考え通り、自分が目立って動くことで、B組チームに攻撃させ場所を特定しようと考えるデク。思惑通り。B組・柳の攻撃でドラム缶が飛んできたその時、お茶子の悲鳴が聞こえる。

デクが声に反応し振り返ると、そこには物間の姿が。

まずはやっかいな緑谷を狙うだろうという裏をかいて、他の3人を仲間たちが追っている…とデクを煽る物間。

心操の個性をコピーしているかもしれないと考えたデクは、言葉を交わさないよう気をつける。

「心操くんとこんな話をしたよ。『恵まれた人間が世の中をぶち壊す』。爆豪くんの友達なら、なぜ彼は平然と笑っていられるのか教えてよ」

「平和の象徴を終わらせた張本人がさァ!!」

物間のその言葉に、顔色を変えるデク。

数秒前、やはりお茶子の悲鳴は心操の罠だった。

峰田のくっつくボールを紐につけて四方八方に張り巡らせていたところ、何かがくっつく。その時、何者かの攻撃を受けるが、芦戸のアシッドベールで防御する。

その攻撃は、B組・柳の「ポルターガイスト」だった。

攻撃が当たらず、あてずっぽうかと思われたが、一緒に飛んできた小さな物体が、芦戸の目の前で巨大化する。

物体のサイズを変えることができるB組・小大(こだい)の個性「サイズ」での攻撃も加わる。

お茶子は無重力で対抗するが、B組・庄田の「ツインインパクト」で追い討ちされる。

柳レイ子

個性「ポルターガイスト」

身近にあるものを操ることができる

しかし動かせるのはヒト一人分程の重量

————————-

小大唯

個性「サイズ」

触れたものの大きさを変えてしまう

生物には適用されない

————————-

庄田二連撃

個性「ツインインパクト」

打撃を与えた箇所に、任意のタイミングでもう一度打撃を発生させられる

二度目の打撃は数倍の威力になる

「今ので場所バレたかも…」

お茶子は自分たちとは別行動のデクを心配する。

その頃、オールマイトはグラントリノと電話で会話をしていた。

志村がOFA(ワン・フォー・オール)を受け継いですぐの頃、パトロール中に軽く話した内容だ、と言って話し始めるグラントリノ。

聞いてくれよグラントリノ

昨日変な夢見てさァ

黒いモヤモヤした男が目の前に立ってんの

そいつが私を見て言うんだよ

『まだその時ではない』

「え」

デクは体に異変を感じる。

オールマイト・相澤先生・爆豪も何かに気づく。

デクの右腕の装備を破壊し、黒いモヤモヤが現れる。。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント