【TBS・火曜ドラマ】中学聖日記:第11話(最終話)|全話あらすじ&ネタバレ

中学聖日記:最終話(12月18日放送)あらすじ

「未成年者誘拐罪の疑い」で警察署に連行された聖(有村架純)。一緒にいた晶(岡田健史)も取調べを受け、聖をかばう主張を続けるが、未成年ゆえに相手にされない。ようやく解放された後も、晶は愛子(夏川結衣)に携帯を取り上げられ、聖の連絡先を消されてしまう。

聖が警察からアパートへ戻ると、母がやってくる。聖は弁解しようとするが、「もう好きにしなさい。あなたのことが信じられない。これからは一人でやっていきなさい」と告げられる。

後日、愛子から指定された場所に向かう聖。しかし、当日待ち合わせ場所で聖を待っていたのは代理人の弁護士だった。

愛子と直接会って話がしたいという聖に、誓約書を渡す弁護士。そこには今回の件を示談にする代わりに、二度と晶と会わないことを誓う文面が書かれていた。

晶がアパートへ戻ると、千鶴が待っていた。学校に置いてあった聖の私物を渡し、「自業自得」と冷たく言い放って立ち去ろうとする千鶴だが、踵を返し呆然と立ち尽くしている聖を抱きしめる。

優しく慰める千鶴の前で号泣する聖。

一方、何かを手に持ち考え事をする律のもとに勝太郎がやってくる。持っていたものを急いで手帳に隠し立ち去ろうとするが、勝太郎に呼び止められる。

「聖が心配で…」という勝太郎に、「お前はただプライドが傷ついてるだけ」と返す律。そして、勝太郎は聖の現状を律に話す。

晶は中学時代の同級生・順一郎に聖とのことを話す。明るく応援する順一郎。

聖を呼び出し今回のことは自分が原因を作ったと謝罪する律。「いっそのこと…駆け落ちする?」と提案するが、聖は誓約書を渡されたことを話し、「どうすればいいのかよくわからない」と告げる。

「それは…みんなそうよ」と呟く律。そして、「ちょっと失礼」と立ち上がり歩き出すが、すぐに倒れてしまう。

救急車で運ばれた律。看護師から「かかりつけの病院の診察券などがないか荷物の中を調べて欲しい」と言われた聖が律のバッグの中を確認すると…母子手帳が出てくる。

病院に駆け付けた勝太郎に母子手帳を見せる聖。

「妊娠三か月だって」

それを聞いて、何も知らなかった勝太郎は戸惑う。

特に異常はないが、念のため入院することになる律。翌日、聖が着替えを持っていくと、「今日は大事な会議がある。夜には戻れば大丈夫」と、律が会社に行こうとしていた。

安静にしていた方がいいと説得する聖に、「大事なプロジェクトだから」と聞く耳を持たない律。

「どっちが大事なんですか!?赤ちゃん…いるんですよ?」

「とっても幸せなことです。これより大事なことはないはずです」

その言葉に、律は折れて病室へ戻る。

「決めた。私…母親になる」

律は、聖のおかげで子どもを産んで一人で育てる覚悟ができた、と話す。

聖は近所のフラワーショップで働き始める。愛子の弁護士から渡された誓約書の提出期限は翌日に迫っていた。

愛子と弁護士がその件について話している時、晶が帰宅する。誓約書のことを知り、愛子と弁護士に怒りをぶつける晶。そして、聖のアパートや勤務先が書かれた書類を手に取り、家を飛び出してしまう。

晶は聖が勤めるフラワーショップへ。その頃、愛子も弁護士と聖のもとへ向かっていた。

アパートで誓約書を見つめていた聖。そこへ、晶がやってくる。

「先生、開けてください。会いたい…声が聞きたい…」

ドアの向こうで語りかける晶。聖はドアノブに手をかけ…

それから少しあと、愛子と弁護士も聖のアパートに到着する。弁護士が部屋の中を確認するが、そこに晶の姿はなかった。

「すいません、誓約書の件で来ました」と、取り繕う弁護士に、「ちょうど今、ご連絡しようと思ってました」と答える聖。

翌日、愛子と聖は法律事務所で会う。

「誓約書は?」と聞く愛子に、「昨夜、黒岩君が来ました」と聖。そして、ドアを開けずに帰したことを話す。

聖は、愛子に会ったら「自分たちの決意は固い。彼が大人になるまで待てる」と伝えようと思っていたが、昨夜の出来事でまだ晶は子どもなのだと痛感したことを告げ、署名・捺印した誓約書を渡す。

「黒岩君に必要なのは…未来です」

自分は想いを告げてはいけなかった。それが大人としての責任だったと、深く頭を下げて謝罪をする。

「もう二度と会うことはありません。黒岩君にも…そうお伝えください」

そう言って、聖は立ち去るのだった。

晶から聖のことを聞かれた愛子は、誓約書を見せて「これを書いた先生の気持ちがわかる?この想いにどうこたえる?」と告げる。

フラワーショップの店長から「よくやってくれてる。先生になってみない?」と誘われた聖は、「ありがとうございます。でも今、ちょっと考えてることがあるので」と断る。そして後日、聖は「国際日本語協会海外教育隊」の事務所を訪れる。

律が退院すると、病院の前で勝太郎が待っていた。自分にも責任がある、とプロポーズするだろうと読んでいた律は、先回りして「全部お断り」と告げる。

そこへ聖がやってきて、二人に報告したいことがある、と話す。

愛子が自宅で誓約書を見つめていると、そこへ中学時代の教頭・塩谷(夏木マリ)がやってくる。

退職後、いじめ相談室で働き始めたことを話す塩谷。晶の同級生と偶然会い、聖とのことを聞いたと言われ、苦しい胸の内を話す愛子。

「大事な息子に憎まれていると思うと、くじけそうになる」と話す愛子に、「間違っていません。親として当然のことをしただけ。間違っているのは末永先生」と励ます塩谷。

塩谷が帰った後、愛子は誓約書を金庫にしまう。

自室で中学時代の日記を読み返す晶。後日、晶は聖の働くフラワーショップへ。働く聖の姿を眺めながら、愛子から言われた言葉を思い出した晶は…声をかけずにそのまま立ち去るのだった。

聖が勉強をしていると、勝太郎から電話で呼び出される。二人は遊園地へ行き、勝太郎は「律からの指示だ」といって聖を一人で観覧車に乗せる。

観覧車に乗ると、聖のスマホに律から電話がかかってくる。「頼まれてこんなことをやっている」という律のもとに現れたのは…晶だった。

律からスマホを受け取った晶は、「最後にどうしても会って伝えたくて」と話し始める。

「今まで僕は、聖ちゃんといると幸せで、自分のことしか考えてなかった。でも今は、聖ちゃんに幸せになって欲しい」

「だから、もう会わない。連絡もしない」

別れを告げる晶に、

「黒岩君、私…日本を離れる。海外で働くことにしたの」

「黒岩君が力をくれたから一人で立っていける。会えてよかった」

「さよなら…黒岩君…」

それを聞いた晶は、観覧車まで届くくらいの声で「頑張れ!!」と叫ぶ。

勝太郎は「これなら会ったことにならない」と聖に告げ、「渡して欲しいと頼まれた」といって晶の日記を手渡す。

そして、勝太郎は律に「原口さんの…二人のそばにいます」と決意を話して海外赴任を断ろうとするが、「待っててやる。だから行ってこい」と勝太郎を抱きしめる律。

聖は晶の日記を読む。今までの出来事を思い出し、涙を流す聖。

そして、最後のページには…

2018年12月

聖ちゃんがこの先ずっと

笑っていられますように

黒岩 晶

そして、聖は海外の仕事のため空港へ向かう。

晶は大学受験。愛子は晶の父から預かったお守りを渡す。

「行ってらっしゃい」

声をかけた愛子に、

「母さん…ありがとう。行ってきます」と笑顔を見せる晶。

聖は母へ電話をかけ、海外へ行くことを話す。

「もし本当につらいことがあったら…帰っておいで。晩御飯、食べさせるくらいはできるから」

聖の母はそう言って送り出す。

そして、5年後ーーー。

聖は海外で日本語を教える先生になっていた。

愛子は金庫から誓約書を取り出す。

聖が写真を撮っていると、背後からシャッター音が聞こえる。

振り返った先には…スーツ姿の晶がいた。

聖に誓約書を渡す晶。

二人は微笑み、そして抱き合う。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

各話あらすじ

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 最終話

参考リンク

コメント