【ジャンプ】ブラッククローバー:第187話「天地の間の攻防」あらすじ&ネタバレ

ブラッククローバー:第187話「天地の間の攻防」

※2018年12月22日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


「行くぜ」

ドロワは魔法を繰り出す。

それは、ゴーシュが攻撃を避ける時に使っていた魔法だった。

ドロワはエクラの魔法を打ち消すことができるアスタを狙う。

エクラが映った鏡に囲まれるアスタ。

エクラの目を見ないように瞼をきつく閉じたアスタに、レーザー攻撃を仕掛けるドロワ。

なんとか攻撃を防いだアスタに

「それじゃ、これでどうよ?」

今度は無数のレーザーを飛ばす。

(この数はマズい)

その時、アスタを囲むように建物を飛ばす仲間たち。

「そんなもん、長くもたねーよ」

ドロワの言う通り、建物はあっという間に瓦礫と化す。

アスタもレーザーの攻撃に巻き込まれたと思われたが、魔法を発動しレーザーを跳ね返す。

(もらった!!)

魔法で鏡を破壊し、ドロワに接近したその時…

「オレを見たな…!」

ドロワの瞳にエクラの姿が。

しっかり見てしまったアスタは体が動かなくなり、ドロワの特大鏡レーザーがアスタに迫る。

「じゃーな」

ニヤリと笑うドロワ。

「アスタくーーーん!!!」

そこへ、ヘンリーたちが現れ、毒魔法でアスタを覆い、鏡にコンバートさせてレーザーを跳ね返しアスタを救い出す。

「やってくれるじゃねーか」

ヘンリーはゴーシュが格段に強くなったと実感するが、自分はまだ戦えるし、この三人がいれば勝てると確信する。

(自分がどうなってでも…仲間(ゴーシュ)を救う!)


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント