【ジャンプ】ハイキュー!!:第334話「ネガティヴ限界突破」あらすじ&ネタバレ

ハイキュー!!:第334話「ネガティヴ限界突破」あらすじ

※2019年1月21日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


冷静さを取り戻した赤葦は、自分のすべきことだけを考えていた。

蝦夷田のサーブを猿杙が拾い、木葉へ。桐生を足止めするため、わざと桐生に拾わせる位置へ落とす。

桐生はけん制

レフトはない

このパターンから可能性が高いのは…

真ん中

先を読み、打点の先に移動する赤葦。

木兎と鷲尾がブロックに飛び、猯のアタックは鷲尾がワンタッチで凌ぐ。

赤葦が上げ、高い打点から鷲尾がスパイク。尾新が上げたボールはネット際へ。

木兎がダイレクトで押し込む。

貉坂22-23梟谷

「フゥーーーッ」

大喜びではしゃぎまわる木兎の姿に盛り上がる会場。そして、観客からの木兎コールが響き渡る。

(俺の時はやめて欲しいけど、木兎さんなら追い風には全部乗る)

赤葦の予想通り、目を輝かせて喜ぶ木兎。

世界が!!!俺に加勢している!!!

勢いに乗った木兎はサービスエースを取り、第2セットは梟谷が先にセットポイントを迎える。

貉坂22-24梟谷

そして、木兎のサーブ2回目、強烈なサーブを何とか拾い桐生へ。しかし、鷲尾がブロック。

第2セット終了

貉坂22-25梟谷

作戦会議で木兎ブロックをやめた方がいいか話していると、貉坂の監督・九刷(くずり)が

「エースを選択させる状況は自分らで作るんやろが!攻めは最大の防御!」

と一喝する。

絶好調の木兎を見て、「”楽しい”こそが”最強”なんや」と呟く桐生。二人は相性が悪いと分析する九刷監督。

そんな桐生に、「わかる!『かわいいは正義』みたいな感じやろ!」とズレた反応をする貒。

「残念ながらお前は『かわいい』にはなれんちゃけど…『楽しい』は作れる!きっちい筋トレと練習次第で!」

「お前は全部やってきたけんな」

的外れながらも、しっかり桐生を元気づける貒。

木兎光太郎

俺はお前が怖い

お前んような男と戦えば

自分の小ささを浮き彫りにされる

俺には怖えもんがいっぱいや

仲間の鼓舞も、期待も歓声も

どこかプレッシャーに感じちょった

(弱えくせに、何を一丁前に)

自虐的にほほ笑む桐生。

実況『さあ勝負の第3セット開始!』

自分に自信など全くない

でも

仲間に恵まれた自信はある

強い仲間が

そこまで言っちくれる

仲間たちへの想いを胸に、試合へ臨む桐生。

逃げ出すくらいなら

自惚れろ

そしていよいよ、運命の第3セットが始まる。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント