【ジャンプ】ハイキュー!!:第335話「夢中」あらすじ&ネタバレ

ハイキュー!!:第335話「夢中」あらすじ

※2019年1月28日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


中学生時代の木兎。

「どうなれたら楽しいか考えて。”ラク”じゃなく”楽しい”を考えて」

木兎はチームメイトを盛り上げて、トレーニングを楽しくしようと頑張っていた。しかし、木兎の頑張りが裏目に出てしまい、チームメイトから見放される。

木兎以外は近道へ。「ラスト3周~」振り返って告げるが、そこには誰もいなかった。

試合に戻り、スパイクが決まらなくなる木兎。

貉坂12-12梟谷

「疲れた!バレーって疲れる!」

木兎の言葉に、審判を含め会場中が『でしょうね!!!』と心の中で呟くのだった。

一方で、桐生は木兎への苦手意識を払しょくし、調子を取り戻していた。

ブロックを吹き飛ばすくらい強烈なスパイクを打つが、猿杙が追いつき拾う。

木兎の前にはブロックが3枚。わざとブロックに当ててリバウンドを狙う。

「もっかいっ」

赤葦は練習中の出来事を思い出していた。

練習中、赤葦がリバウンドに失敗し、ブロックに叩き落される。

それを見ていた木兎が、「何ソレ教えて!!!」と話しかけた。

木兎がリバウンドなんて地味なプレイに興味を持つなんて意外だ、と赤葦。

「”ラク”じゃなく、”楽しい”を考える」

それは、木兎がクラブチームのコーチに言われた言葉だった。

「ブロックされんのもレシーブミスんのもサーブミスんのもバテんのも楽しくない」

「全部決めたい、全部拾いたい、全部勝ちたい」

それを聞いた赤葦は「全部は無理じゃないでしょうか?」と真面目に答える。

木兎さんの言う「楽しい」というワードは

その響きと裏腹に

凄く困難なことに聞こえた

試合に戻り、赤葦に「良いトス寄越せよ!」と声をかける木兎。

振りかぶった木兎の前にはブロックが3枚。そこで、すかさずプッシュをする木兎。意表を突かれた貉坂は拾うことができなかった。

貉坂19-20梟谷

木兎の冷静な判断を絶賛する実況。

続いて、木兎のサーブ。強烈なサーブを蝦夷田が辛うじて拾うが、かなり乱されてしまう。ネットギリギリに上がったボールに、桐生が跳ぶ。

敗北の恐怖

他人の評価

そげなん考えちょる余裕もねえ

こん男について行くことで精いっぱい

バレーボールをすることで精いっぱい

桐生は力を込めてスパイクを打ち込む。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント