【ジャンプ】呪術廻戦:第45話「賢者」あらすじ&ネタバレ

呪術廻戦:第45話「賢者」あらすじ

※2019年2月4日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


呪霊退治と連動する札が一斉に燃え上がる。

その様子に驚く教師陣。東京校をあらわす赤色で燃え尽きるが、未登録の呪力(外部の人間)が祓ったとしても同じ結果になるため警戒する。

悟は楽巌寺学長らと共に生徒たちのもとへ向かう。

その頃…

「闇より出でて闇より黒く…その穢れを禊ぎ祓え」

呪文によって現れた「帳(とばり)」が空を覆い始める。

帳にたどり着いた悟は破ろうとするが、強い力で弾かれてしまう。

「ちょっと。なんでアンタが弾かれて私が入れんのよ」

歌姫は難なく腕を差し入れていた。

「なるほど」

にやりと笑う悟。

この帳は自分の侵入「だけ」を拒み、他の者は出入り自由な結界だと判断する。

そうだとすれば、こちら側の情報をある程度把握しているうえ、かなり腕の立つ呪詛師がいる。

ひとまず生徒たちの安全を確保するため、歌姫と楽巌寺学長だけで帳の中へ向かう。

その頃、現れた呪霊と対峙する伏黒たちは今後の対策を話し合っていた。

「ツナマヨ」と言いながら手で電話をするポーズをとる狗巻に、「そうですね。五条先生に連絡しましょう」と返す伏黒。

相手は「領域」を使うかもしれないから、距離を取って悟たちのところまで後退しようと考えるが、電話をかける前に呪霊によってスマホを壊されてしまう。

「動くな」

狗巻の声で動きが止まる呪霊。その隙に加茂が赤血操術で、伏黒が鵺と刀でそれぞれ攻撃を加えるが、全く効いていないのだった。

その時、呪霊が意味不明は言葉を呟く。

『やめなさい。愚かな児達よ』

音では何を言っているのか理解できなかったが、意味は理解できる。

『私はただ、この星を守りたいだけだ』

この星はもう人間と共存できない。時間があれば星はまた青く輝く。

だから人間のいない”時間”が必要なのだ、と語る呪霊。

『死して…賢者となりなさい』


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント