呪術廻戦:第26話「いつかの君へ」あらすじ&ネタバレ

呪術廻戦:第26話「いつかの君へ」

※2018年9月10日発売週刊少年ジャンプ41号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。


電話で話す虎杖と七海。

七海は虎杖に待機するよう指示をするが、言うことを聞くわけがないと予測していた。

その場の処理を二級術師の猪野琢真に任せ、里桜高校へ向かう。

虎杖を止める伊地知。

しかし、虎杖は制止を振り切り戦いの場へ。

(ここまで回想)

『澱月(おりづき)』

クラゲの式神を駆使する順平。

クラゲの中へ入ると打撃が効かなくなる。

虎杖に手を引くよう促す順平。

身動きが取れないようにクラゲの中に虎杖を拘束する。

その場を離れようとする順平を、背後から掴む虎杖。

クラゲの式神『澱月』には毒があるはずだが、虎杖には効いていなかった。

順平は澱月で攻撃を仕掛けるが、直接攻撃を受け吹っ飛ばされてしまう。

戦いをやめるよう説得する虎杖。

「人に心なんてない」

「そうでなきゃ…母さんも僕も、人の心に呪われたっていうのか」

順平の攻撃を避けない虎杖。

『俺はもう…絶対に順平を呪ったりしない』

理由を話して欲しいと語りかける虎杖。

今までの経緯を説明する順平。

虎杖は高専にくるよう説得する。

そんな二人の背後に真人が迫っていた。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント