ウォーキング・デッド【シーズン1】第1話あらすじ&ネタバレ

シーズン1:第1話のあらすじ

保安官のリック(主人公)は一人の少女と遭遇する。

「お嬢ちゃん」と声をかけるリック。

振り返った少女は…あきらかにおかしい。

リックは少女に「近寄るな」と言うが、止まる気配はない。

飛び掛かってきた少女の頭を撃ちぬいたところで、オープニング。


時は遡り、パトカーの中で語り合うリックと同僚で親友のシェーン。リックは妻ローリとうまくいっていないことをシェーンに相談する。

緊急無線が入り、現場に向かう二人。

逃走犯との銃撃戦で深手を負ったリックは、そのまま意識を失う。朦朧とした意識の中、病院のベッドで寝ているリックに話しかけるシェーン。

リックは目覚めてシェーンに話しかけるが、そこには誰もいなかった。

ベッドから起き上がり病院内を徘徊するリック。建物内は荒れ、あたりには無残な死体が散乱していた。

「開けるな 死人がいる」

と書かれたドアの隙間から、人のうめき声と血の気のない人の手が…。

真っ暗な非常階段を降りて、ようやく出口に辿り着いたリック。ドアを開けると、外にはおびただしい数の死体袋が並べられていた。

リックは自宅へ向かうために放置されていた自転車に手をかける。すると、すぐそばで転がっていた死体?が動き出した。

いったい何が起こっているのか…

妻と息子が心配なリックは急いで自宅へ向かう。

何とか家に辿り着くが、我が家はもぬけの殻。途方に暮れて家の外で佇んでいると、通りの向こうから誰かが近寄ってきた。その時、背後からスコップで顔面を殴られ気を失うリック。

目が覚めると、リックは見知らぬ部屋でベッドに縛り付けられていた。そこには住人らしき黒人の父親(モーガン)と息子がいた。リックの傷が撃たれたものだと確認すると、拘束を解いて現状を説明し始める。

  • 動く死体は「ウォーカー」と呼ばれている
  • 噛まれたり引っ掻かれたりすると高熱が出て死に至り、その後ウォーカーになる
  • 倒すには頭部を狙う必要がある(モーガンは「頭に何かがいる」と言っていた)
  • ウォーカーは生きた人間を食べる
  • 音に反応する
  • アトランタに大規模な避難所がある

今の状況を把握したリックは、いったん自宅へ戻り、モーガン親子を連れて警察署へ。制服に着替え、武器を手に入れたリックはアトランタを目指す。

無線で生存者に呼びかけるリック。同じ頃、シェーンが無線の音に気づくが、応答する前に切れてしまう。

シェーンのそばにはリックの妻ローリと息子のカールがいた。

アトランタへ向かう途中で車のガソリンが尽きてしまい(ここでオープニングの時系列に戻る)、見つけた馬に乗って向かうことに。なんとかアトランタにたどり着くが、噂とは全く違う荒れ果てた光景に愕然とするリック。

再び移動しようとするが、ウォーカーの群れに襲われてしまう。放置されていた戦車の中へ逃げ込むリック。八方ふさがりの中、突然無線から何者かの声が聞こえた。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦くださいませ。

合わせて読みたい

【VOD】動画配信サービス比較|海外ドラマ&新作映画を観るならどれがいい?
【Hulu】vs【dTV】vs【U-NEXT】 代表的な3つのVOD(ビデオオンデマンド)サービスを比較してみました。 Hulu dTV U-NEXT  月額料金  933円(税抜)  78...

【シーズン1】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 登場人物

参考サイト

 

コメント