【ジャンプ】呪術廻戦 第138話「禪院家」あらすじ感想レビュー【ネタバレあり】

呪術廻戦 第138話「禪院家」あらすじ感想レビュー

※この記事はネタバレを含みます。また、誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

禪院家の廊下を歩く特別1級術師・禪院直哉。当主が死にそうだというのに、真依はいいけど真希は男を立てないからアカン、という話をしています。

直哉が部屋に入ると、禪院 扇と禪院 甚壱が待っていました。二人に次の当主は自分だと宣言する直哉。そこへ当主が亡くなったとの知らせが入ります。

当主が残した遺言は、「次期当主は直哉に譲るが、何らかの理由で五条悟が死亡または意思能力を失った場合は伏黒恵に全財産を譲る」と記されていました。それを聞いた直哉は、悠仁と一緒に恵も始末すると決めます。

一方その頃、悠仁は脹相と今後について話していました。自分のことは気にせず高専に戻れと言う脹相ですが、悠仁は呪霊を減らすために脹相と行動を共にすると決めます。

しばらく忙しくて読んでなかったんですが、全然わからない展開になってる!?(簡単なあらすじのみですみません)

 

コメント