アクタージュ:第33話「夜景」あらすじ&ネタバレ

アクタージュ:第33話「夜景」

※2018年9月15日発売週刊少年ジャンプ42号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。

\前作のあらすじはこちら/

アクタージュ:第32話「私のカムパネルラ」あらすじ&ネタバレ
アクタージュ:第32話「私のカムパネルラ」 ※2018年9月10日発売週刊少年ジャンプ41号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。 夜凪を訪ねる千世子。 その場にいたアキラに熱愛中かと問...

立ち稽古が始まり20日。

本番までは残すところ30日を切っていた。

夜凪は阿良也と渡り合うまでに成長していた。

しかし、二人はまだ化けると確信している巌。

そしてアイツも、とアキラを見る。

その夜、屋形船で食事会をする劇団員たち。

阿良也のアイデアでアキラに色仕掛け勝負をする夜凪と七生。

楽しむ劇団員たちに「屋形船は景色を楽しみながら食事をするところだ」と言い、外を見るよう促す巌。

流れる夜景は夜空に輝く星々のようだった。

その光景はまさに銀河鉄道の車窓。

屋形船での食事会は、巌が「死」という概念を想像させようと考え設けられたものだった。

自分が演技をしてる動画をスマホで見ているアキラ。

「つまんねえ芝居だ」

動画を覗き見た巌。

「なによりまず手前(てめえ)に芝居してやがる」

母親の名前や事務所の看板のせいで、自由な演技ができていないと指摘する。

アキラが理由を聞こうとするが、巌はそのまま寝入ってしまう。

アキラに絡みに来る七生。

彼女から今回の舞台が巌の最後の作品になることを聞く。

「そんな大切な舞台に、僕なんかがなぜ…」

と自分を卑下するアキラ。

その言葉を聞いてアキラのズボンを下ろす亀太郎。

俺はまだお前の演技を認めていない。

「認めさせてみろ」と喝を入れる。

しかし、アキラは30日しかないのに成長できる気がしないと弱音を吐く。

普通の30日と巌さんの下での30日は違う。

「あの人の下でならいくらでも化けられる」

と七生。

別の場所でボーっと景色を見ている夜凪。

そこへ「巌が呼んでいる」と阿良也が伝えに来る。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント