【ジャンプ】ONEPIECE(ワンピース)第919話「おでん城跡」あらすじ&ネタバレ

ONEPIECE(ワンピース)第919話「おでん城跡」

※2018年10月1日発売週刊少年ジャンプ44号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】ONEPIECE(ワンピース)第918話「ルフィ太郎の恩返し」あらすじ
【ジャンプ】ONEPIECE(ワンピース)第918話「ルフィ太郎の恩返し」 ※2018年9月22日発売週刊少年ジャンプ43号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ ...

お玉と別れの挨拶をするルフィたち。

百獣海賊団”真打ち”のスピードはお玉を主(あるじ)と呼び従っていた。

お玉を乗せたスピードが走り去ると、おこぼれ町の住人たちがルフィに宝船のお礼を言いにやってくる。

海賊がいいことするなんて…と面白くないロー。

その後、ルフィたちはこま犬に乗っておでん城跡へ向かう。

一度行ってみたかったとついてきたお菊を「何か隠してる」と疑うゾロ。

一方、花の都の寺子屋ではワノ国の歴史を子どもたちが学んでいた。

そこでは開国しようとしたおでんと”赤ざや九人男”は国に悪い人や教えを招き入れようとした悪人で、鎖国を貫いた黒炭オロチ将軍がヒーローとして教え込まれていた。

都には、そのオロチを小心者呼ばわりする男が。

それは黒炭家御用達 両替屋の”居眠り狂死郎”だった。

20年前におでんの奥方が息絶える前に言った言葉

月は夜明けを知らぬ君

叶わばその一念は

二十年を編む月夜に

九つの影を落とし

まばゆき夜明けを知る君と成る

オロチはこの呪文のような遺言を「20年後の月夜にこの恨み晴らすべく、九人の侍たちが化けて出て貴様を殺しワノ国を開国する」と読み解き恐れているのだと狂死郎。

そして、光月家の侍たちは20年前に城内へ追い込み全員焼き殺したであろう、とあざ笑う。

その頃、おでん城跡に到着したルフィたち。

お菊は涙をこらえきれず走り出す。

ルフィを墓の前に案内するロー。

その墓には雷ぞう・モモ・錦えもんらの名前が刻まれていた。

あいつらはどこだと問うルフィに、「夜になれば出てくるかもな」とロー。

ルフィが錦えもんたちは本当に生きているのかとローを問い詰めていると、草むらから本人が現れる。

錦えもんに抱きつくお菊。

そこへモモの助やサンジたちも現れ、久しぶりの再会を喜ぶ。

城内へ移動する面々。

錦えもんがルフィたちに今まで黙っていたことがあると告白する。

なんと、錦えもんたちは20年前のワノ国から時を超えてやってきたのだった。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント