【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第200話「智将!!」あらすじ&ネタバレ

僕のヒーローアカデミア:第200話「智将!!」

※2018年10月1日発売週刊少年ジャンプ44号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第199話「新技即興オペレーション!」あらすじ
【ジャンプ】僕のヒーローアカデミア:第199話「新技即興オペレーション!」 ※2018年9月22日発売週刊少年ジャンプ43号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ ...

あらゆるところからキノコが生え、混乱するA組チーム。

小森希乃子(こもりきのこ)

個性「キノコ」

体から胞子を飛ばし、瞬時にどんな場所にもキノコを生やす

湿気が多いほどよく飛びよく生える

生えたキノコは2~3時間で消える

あらかじめ最初の作戦が失敗した時を予想して、プランBを計画していた拳藤。

八百万が指示を出そうとしたその時、具現化した擬音が現れた。

吹出漫我(ふきだしまんが)

個性「コミック」

擬音(オノマトペ)を具現化できる

現れた擬音は青山のレーザーでも壊せなかった。

吹出は『ジメジメ』を具現化し、さらにキノコを増やす。

この一連の攻撃で、八百万を孤立させたB組チーム。

『あとは力で攻め切る!!』

拳藤一佳(けんどういっか)

個性「大拳」

拳がでっかくなる

パワーもその分でっかくなるのだ!

八百万に攻撃を仕掛ける拳藤。

盾を作り出し防ぐ八百万。

戦いを見守る鉄哲が拳藤を褒めるが、これが最善手かは分からないと返す轟。

そして、八百万を警戒するなら4人がかりで潰すべきだったと告げる。

まだまだ未熟者な自分を”上”だと思っている拳藤に対して、全力を見せて対応すると誓う八百万。

『窮地からの組み立てこそ、八百万百の得意分野だ』


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント