ブラッククローバー:第159話「因果解放」あらすじ

ブラッククローバー:第159話「因果解放」

※2018年6月4日発売週刊少年ジャンプ27号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。

\第158話あらすじはコチラ/

ブラッククローバー:第158話「最果ての村の命」あらすじ
ブラッククローバー第158話:最果ての村の命 ※2018年5月28日発売週刊少年ジャンプ26号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。 アスタ・ユノの故郷ハージ村に光の剣が降ってきて消えたと思い...

シスターに向けられた男の攻撃を防ぐアスタとユノ。

さらに大きな力で襲い掛かるが、二人にはまったく歯が立たない。

男が放った毒によって倒れた神父を心配する子どもたち。

『毒…!!断魔の剣で治せるかもしれねえ…!?』

男の対応はユノに任せ、神父を助けに向かうアスタ。

剣の柄を神父のこめかみに当てるが、何の反応もない。

「幻でも…最後に元気な姿が見れて…よかった…」

『まだだ神父様!!!まだこれから先も…

オレの、オレたちの姿を見届けてくれ!!』

その叫びに応えるかのように、魔導書から剣が現れる。

『この剣は…あの魔宮に刺さってて…アイツが抜いた…』

剣を手にするアスタ。

すると、村中の毒を吸い込み、倒れた村人たちから毒が消えていく。

「あの剣は…」

ユノと対峙する男は何かに気づく。

その一瞬の隙をつき、

『マナゾーン”カマイタチの三日月”四刃』

で男を攻撃するユノ。

「何なんだ…オマエは…僕たちと同じ転生魔法を受けているのに…なぜオマエの意思は人間のままなんだ!?」

「アイツの…あの剣は…リヒトさんの魔法じゃないのか!?…なぜ…あんな…魔力のない人間が…!!」

「僕たちエルフの邪魔をするな!!!」

ついに魂が暴走してしまう男。

『まるで…エルフたちが

助けを求めてるように見える』

アスタの剣が男に突き刺さる。

男の顔が変わり、転生魔法を打ち消したことに気づくユノ。

『この剣があれば

みんなを救える!』

一方、マグナとバネッサは転生魔法でエルフ化したラックと相まみえようとしていた。。

–第159話おわり–


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

コメント