【ジャンプ】約束のネバーランド:第107話「反吐が出る」あらすじ&ネタバレ

約束のネバーランド:第107話「反吐が出る」

※2018年10月15日発売週刊少年ジャンプ46号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】約束のネバーランド:第106話「活路」あらすじ&ネタバレ
約束のネバーランド:第106話「活路」 ※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 出入り口が塞がれ万事休すのエマた...

ユーゴとルーカスを心配しながらも、進み続けるエマたち。

その頃、二人は追っ手を始末しながらシェルターに来た頃のことを思い出していた。

すべての元凶であるラートリー家。

ようやくブッ飛ばせると意気込む。

『行くぞ。たとえ刺し違えてもエマたちには手は出させねぇ』

仲間と無線で連絡を取り合うアンドリュー。

モニター室を確認しに来る追っ手の一人を始末し、無線で話しかけるユーゴ。

すでに3人始末した、返り討ちにしてやると告げる。

無線の周波数を変えるよう指示を出すアンドリュー。

そして、シェルター内の残党を始末してから逃げたエマたちを追うと決める。

銃を撃ち、わざと自分の居場所を知らせるルーカス。

アンドリューの指示通り仲間の到着を待つ追っ手の一人を背後から始末するユーゴ。

残りはあと4人。

そこへ到着するアンドリュー。

子どもの頃のように、息を合わせて対応するユーゴとルーカス。

追撃をかわし続けるが、追っ手の人が二人の前に回り込む。

しかし、ユーゴが仕留めて残りは3人に。

『俺たちの人生は

てめぇらの道具(オモチャ)じゃねぇ』

ついにアンドリューと対峙する二人。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント