【ジャンプ】食戟のソーマ:第283話「狙う者、狙われる者」あらすじ&ネタバレ

食戟のソーマ:第283話「狙う者、狙われる者」

※2018年10月15日発売週刊少年ジャンプ46号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】食戟のソーマ:第282話「ゆきひらという場所」あらすじ&ネタバレ
食戟のソーマ:第282話「ゆきひらという場所」 ※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 十傑の店に現れたのは… ...

世界若手料理人選手権大会

「THE BLUE」開催当日。

会場には創真たちの姿が。

名だたるシェフやコックたちを目にして興奮する恵。

その時、嫌な気配を感じる。

そこへ現れたのは…

真夜中の料理人(ノワール)だった。

会場が異様な雰囲気に包まれる中、主催者の挨拶が始まる。

今回は昨年までのコンクールと違うため、ボス自ら説明をすることに。

WGOの最高責任者・特等執行官(ブックマスター)が話し始める。

今回は第一から第三の門で料理試練をクリアし、天守閣で行われる優勝決定戦で勝利した者が最終優勝者となる。

『まもなく開戦時刻…

役者もついに揃ったようだぞ』

ブックマスターの言葉と同時に現れたのは、才波朝陽だった。

集まった出場者たちがざわつく。

(皆、才波朝陽の首級(クビ)が欲しくてたまらないというわけか)

「鈴木センセー…いや、サイバさんじゃないすか!」

話しかける創真を軽くあしらう朝陽。

『悪いな…俺のスタート地点は

お前らよりもうちょい先なんだよな』

過去の実績によってシード権が与えられ、朝陽は第三の門までフリーパスとなっていた。

『俺にリベンジしたいってんなら

お前も天守閣(あそこ)まで来てみろよ

幸平創真』

門の向こうへ消えてゆく朝陽。

首洗って待ってやがれ…

サイバ…あんたをぶっ倒すのは

この俺だ!

いよいよ、BLUE開幕!

第一の試練が始まる。。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント