トッケビ~君がくれた愛しい日々~|第10話あらすじ

各話あらすじはこちら

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話

トッケビ第10話あらすじ

※Amazonプライム版です。視聴方法によって1話の長さや話数が変わることがあります。


サニーが妹と同じ名だと知ったトッケビ。

ウンタクにサニーはどんな人かと聞く。

妹の生まれ変わりかもしれないと思ったトッケビはサニーを質問攻めにする。

トッケビがサニーに気があると勘違いしたウンタクはやきもちを焼く。

翌日、サニーと会い調査したいから指輪を貸して欲しいと頼む死神。

サニーのことが気になるトッケビは死神に探りを入れる。

手を握られていたが前世が見えたのかと聞かれ、個人情報だから口外できないと答える死神。

妹の名もキム・ソンだった。

自分に見えるのは未来だけで、姿が変わっていたら気づかないだろうと言うトッケビ。

そして、高麗時代の話をする。

幼いワン・ヨを操るパク・チュンホン。

彼によってワン・ヨ以外の王位継承者、そして王までもが毒殺される。

ワン・ヨの兄である先王は、将軍キム・シンに「ワン・ヨが王になったら守り、決して死なせてはならない」と王命を与えていた。

先王の遺言により、キム・シンの妹キム・ソンが王妃となる。

ワン・ヨを操り絶対的な権力を手にしていたいパク・チュンホンは、目障りなキム兄妹を排除しようとする。

謀反という濡れ衣を着せ、キム・シンとその一族を根絶やしにしたのだった。

帰宅したウンタクは一部始終を聞いてしまう。

トッケビは出かけるというウンタクについていく。

図書館で会っていた女の子(ジョンヒョン)の願いを叶えに行くのだった。

ジョンヒョンが眠る納骨堂へ花を供えに来たウンタクは、学生時代の母とジョンヒョンが一緒に写っている写真を見る。

トッケビに図書館への扉を開いてもらい、急いでジョンヒョンの霊に会いに行くウンタク。

ジョンヒョンは、ウンタクが友達(ヨニ)の娘だからそばにいたと言い、鍵のかかったロッカーを開けさせる。

そこには、ウンタクの母が遺した通帳があった。

「あなたの成長を見守るのが楽しくて長居しちゃった」

ジョンヒョンはヨニのいる天国へ旅立つ。

ウンタクは未成年のため、母が遺した保険金を手にするには叔母の承諾が必要だった。

キム秘書に対応を依頼するトッケビ。

キム秘書は刑務所にいる叔母に面会し、ウンタクに保険金を全額譲渡するか、裁判を起こして養育費を請求するかどちらかの道を選ばせる。

叔母はキム秘書を脅迫するが「私の方が裏社会を知ってる」と睨みつける。

大晦日、デートをするサニーと死神。

会った早々手を繋ぎたいという死神に、年を越す前にあなたのことを教えてと頼むサニー。

答えられない死神に、「じゃあ別れましょ。これ以上は無理だわ」と別れを告げる。

日付が変わり新年。

二十歳になったウンタクは、トッケビを誘い屋台へ行く。

二人で飲んでいると、ひったくりの男が仲間を連れてやってくる。

トッケビはモップの柄を使って片付ける。

酔ったウンタクはロマンチックだと喜ぶ。

「あと一つあれば完璧。初めてのキスよ」

そういってトッケビにキスをしようとする。

トッケビは時間を止めるが、花嫁のウンタクには効果がなかった。

「絶対に逃げられないの」というウンタク。

「逃げてない。最初から諦めてる」

二人は口づけを交わす。

翌日の朝、雑煮を作るウンタク。

ふと、過去の出来事を思い出す。

「2人が夜霧の中、さっそうと歩いてきた日が懐かしい」

あの時の2人は素敵だったという言葉に気を良くするトッケビと死神。

食事中、サニーと別れたことを話す死神。

ウンタクとトッケビは慰め、協力してサニーと死神を会わせる。

焼き芋を食べながらカナダでの出来事を思い出す。

29歳のウンタクがつけていたネックレスは、初めてカナダに行った時に彼女が見ていたものだったと気づく。

そして、それは自分が買ってあげるものだと悟り、カナダへ向かう。

カナダから戻ると、家にユ会長が来ていた。

碁を打つトッケビとユ会長。

その時、トッケビは会長の死期が近いことに気づいてしまう。

もうすぐ会長の名簿が届くと死神に告げるトッケビ。

そして、二人でサニーの話をする。

彼女に良い印象がないトッケビに、死神は「彼女はお前の妹の生まれ変わりだ」と伝える。

「彼女の前世の顔は、お前が持っている掛け軸の女性の顔と同じだった」

なかなか信じようとしないトッケビに、

「駕籠(かご)の窓を開けて、誰かに向かって笑った」

「そして誰かに聞いた。『今日の私は綺麗ですか?』と」

それは死神には話していない出来事だった。

ここでようやくサニーが妹の生まれ変わりだと信じるトッケビ。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考リンク

コメント