【ジャンプ】約束のネバーランド:第108話「行かせねぇ」あらすじ&ネタバレ

約束のネバーランド:第108話「行かせねぇ」

※2018年10月22日発売週刊少年ジャンプ47号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】約束のネバーランド:第107話「反吐が出る」あらすじ&ネタバレ
約束のネバーランド:第107話「反吐が出る」 ※2018年10月15日発売週刊少年ジャンプ46号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ ユーゴとルーカスを心配し...

アンドリューと撃ち合いになるユーゴとルーカス。

銃の腕前や子どもではないことから、「15年前のGB(グローリー・ベル)脱走者」の生き残りでは?と考えるアンドリュー。

たった2人に仲間が5人もやられたことに憤るが、

「もう手の内がわかった。追い詰めてやる」と仲間に指示を出すアンドリュー。

背後にはアンドリュー、前方から残りの2人に囲まれるユーゴとルーカス。

『突破する』

息を合わせ、前方の2人をひるませる。

その時、アンドリューが手りゅう弾を投げ、それに気づいたルーカスがユーゴに覆いかぶさる。

岩盤が崩れ、岩の下敷きになる二人。

動かなくなったところをアンドリューの仲間が確認する。

「距離を取り頭を撃て。確実に殺せ」と指示を出すアンドリュー。

しかし、一瞬早くユーゴが男の頭を撃ち抜く。

追撃されながらもルーカスを抱えて逃げるユーゴ。

弾切れになり、致命傷を負ったルーカスは自分を置いて逃げろというが、

13年前お前を置いて逃げて、俺がどれだけ後悔したと思ってる。

生きるにも死ぬにも

俺たちは最期まで一緒だ

二度と一人にはしないと決意を語るユーゴ。

なんとか武器庫へたどり着くが、追っ手の弾を受けたルーカスは動かない。

そこへ到着するアンドリュー。

ルーカスもユーゴもうつぶせになって倒れていた。

「馬鹿な奴だ」

一人で逃げなかったのは判断ミスだというアンドリューに

「バカはてめぇらだ」

エマたちはいまに世界を変える

それは俺たちを殺しても変わらない

そう話すユーゴに、「お前たちは殺す。残りも殺す。それで終わりだ」とアンドリュー。

(させるかよ)

『今だルーカス』

息絶えていたかと思われたルーカスが銃を構える。

「お前たちもここで死ぬんだ」

何かに気づくアンドリュー。

「可燃ガス!!」

彼が気づいた時は、すでに部屋中にガスが充満していた。

『エマ…レイ…みんな頑張れよ』

銃の火花が引火し、大爆発を起こす。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント