【ジャンプ】呪術廻戦:第32話「反省」あらすじ&ネタバレ

呪術廻戦:第32話「反省」

※2018年10月22日発売週刊少年ジャンプ47号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】呪術廻戦:第31話「また明日」あらすじ&ネタバレ
呪術廻戦:第31話「また明日」 ※2018年10月15日発売週刊少年ジャンプ46号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 宿儺の一撃で倒れる真人。 0.1...

とある山麓。

温泉で傷を癒す真人。

先にいた漏瑚(じょうご)に、「指をすべて集めて宿儺に献上する」というプランを進めることを提案する。

たとえ自分たちが全滅しても、100年後に呪いが人として立っていればそれでいいと了承する漏瑚。

そして、真人たちは高専が保有する6本の指から回収することに決める。

その頃、暇を持て余す悟は七海に絡んでいた。

そこへやってきた虎杖に、サプライズをすると言い出す悟。

京都校の面々と顔を合わせる伏黒たち。

そこへ遅れて現れる悟。

京都校の生徒たちにお土産を渡し、伏黒たちには運んできた大きな箱を見せる。

「故人の虎杖悠仁くんでぇーっす!!」

紹介され、箱から飛び出す虎杖。

しかし、伏黒たちは全く嬉しそうじゃなかった。

ショックを受ける虎杖。

虎杖の姿を見て驚く楽巌寺の学長。

「ビックリして死んじゃったらどうしようかと心配しましたよ」

という悟に、『糞餓鬼が』と返す学長。

「おい」

虎杖の入る箱を蹴る野薔薇。

「何か言うことあんだろ」

半泣きの野薔薇に

『生きてること、黙っててすんませんでした…』

と謝る虎杖。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント