僕らは奇跡でできている:第3話|全話あらすじ&ネタバレ

僕らは奇跡でできている:第3話(10月23日放送)あらすじ

大学での講義のかたわら、動物園に通っている一輝(高橋一生)はある日、飼育員から、近いうちにサル山のボスが変わりそうだと聞いて胸を躍らせる。

5年から10年に一度といわれる貴重な場面を見逃すわけにはいかないと、歯科医の育実(榮倉奈々)の言葉も聞き流し、歯の治療を先送りして、連日動物園に通う一輝。

一方、一輝から「近々、ボスが交代する」と聞いた同僚の樫野木(要潤)は、学部長の鮫島(小林薫)のことだと思い込み、一人焦って動き始める。

そんな中、フィールドワーク以来、一輝のことが気になる琴音(矢作穂香)は、ある日、一輝がウキウキと出かける姿を見てデートだと疑い、あとを追う。すると、たどり着いたのは新庄(西畑大吾)がバイトする動物園だった。

一輝が動物園に連れていった相手は、歯科クリニックで出会った少年・虹一(川口和空)だった。サル山を眺める一輝に、「動物たちの謎を見つける!」と虹一は一人園内の探検へ出かける。

そのころ、育実の歯科クリニックには、虹一の母・涼子(松本若菜)が血相を変えて飛び込んでくる。虹一の行方が分からなくなり、もしかしたら、以前見かけた一輝といっしょなのではないかと探しに来たのだ。

一同が焦りを覚えるなか、ふと、一輝が動物園に通っていることを思い出した育実は、慌ててクリニックを飛び出し……。

動物園では、偶然を装い一輝と合流した琴音が、2人きりの時間を楽しんでいた。しばらくして、動物園は閉園の時間に。

しかし、虹一が戻ってくる気配はない。駆けつけた育実は、虹一を探そうともせずサルの話を始める一輝に、思わず怒りを爆発させる。

出典:公式サイト

育実たちが必死で探している頃、虹一は迷子になっていた。しかし、一輝から渡されたコンパスを使ってなんとか戻ってこれたのだった。

安堵する面々をよそに、楽しげに話す一輝と虹一。

その後、連絡をもらった鮫島と一輝は虹一の母親に謝罪をしに行く。「今後はきちんと連絡をします」という一輝に、「もう会わないで欲しい」と怒りを露にする母親。

一輝の噂話をする学生たち。一緒に動物園にいた琴音を新庄たちが「付き合ってたりして」とからかうが、琴音はまんざらでもない様子を見せる。

鮫島と一輝たちが飲んでいるところに、鮫島に誘われた育実が現れる。少ししか注文しない育実に「今日はあまり食べないんですね」と一輝。

動物園での出来事を鮫島たちに話す育実。それを聞いて「なぜ猿のハゲが治ったのか」を説明し始める鮫島。

「虹一がやりたがっていることを、思う存分やらせてあげたかったのでは?」という鮫島。だが、一輝は「虹一が帰ってくると分かっていた」と答える。

それを聞いて、彼氏とのすれ違いを思い出す育実。

食事中、歯が痛み出す一輝。育実は緊急で治療をする。

話がかみ合わないことにいらだつ育実は、「治療以外にもやらなきゃいけないことがたくさんある」とイヤミをいうが、「やりたくないんですね」と返されてますますいらだちが募る。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

各話あらすじ

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 最終話

参考リンク

YouTube

コメント