【ジャンプ】約束のネバーランド:第109話「進め」あらすじ&ネタバレ

約束のネバーランド:第109話「進め」

※2018年10月29日発売週刊少年ジャンプ48号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】約束のネバーランド:第108話「行かせねぇ」あらすじ&ネタバレ
約束のネバーランド:第108話「行かせねぇ」 ※2018年10月22日発売週刊少年ジャンプ47号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ アンドリューと撃ち合いに...

ユウゴとルーカスが追っ手を足止めしている間に、目的地にたどり着くエマたち。

「シェルターほど快適じゃないが、ここはラートリー家にも知られていないから安全だ」

レイはそうみんなに告げ、ひとまず休ませる。

エマはユウゴとルーカスの安否や今後について考えていた。

『エマ』

そこに現れたのは…ユウゴだった。

エマ「ルーカスは?」

ユウゴ『心配ない』

追っ手に撃たれ、意識が戻らないクリスのことを話すエマ。

ユウゴ『お前のせいじゃない』

正しい判断を下すことがすべてじゃない。

大切なのは、下した判断を正解にすることだ、とユウゴ。

自分の判断を信じろエマ。

そしてそれで

どんな結果が出ても

前へ進め

お前なら…お前たちなら

世界を変えられる

そこには自分がいないような話しぶりのユウゴに、「なぜそんな話をするの?」とエマ。

ユウゴ『ごめんな』

エマは、気づいてしまう。

(これは夢なんだ)

多分ユウゴは…ユウゴたちはもう—

2046年1月。

仲間たちを失い、孤独に耐えるユウゴ。

しかし、もう耐えられなくなり自ら死を選ぼうとしたその時、エマたちと出会ったのだった。

あの日…俺は死にそびれた

でもあの時死んでいなかったから

お前らと会えた

ルーカスにも

この一年半

楽しかったなぁ

『生きててよかった』

何かを感じ、外へ飛び出すエマ。

望む未来を叶えろ

頑張れよ…エマ

エマは…シェルター方面から煙が上がっているのを確認する。

「嘘だ…嫌だよ…

嫌だよ…ユウゴ…!」

『起きて、ほら!見ろよユウゴ』

倒れたユウゴを起こすルーカス。

ユウゴの目の前には…

死んでいった仲間たちの姿があった。

ユウゴ『ごめんな…思いのほか早く来ちまって…』

ダイナ「ううん」

ありがとう

がんばったね

ユウゴ

最愛の仲間たちに囲まれて、ユウゴは涙をこぼす。。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント