【ジャンプ】鬼滅の刃:第132話「全力訓練」あらすじ&ネタバレ

鬼滅の刃:第132話「全力訓練」

※2018年10月29日発売週刊少年ジャンプ48号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】鬼滅の刃:第131話「来訪者」あらすじ&ネタバレ
鬼滅の刃:第131話「来訪者」 ※2018年10月22日発売週刊少年ジャンプ47号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 義勇は「自分が死ねばよかった」と思って...

全快した炭次郎は柱稽古に参加。十日ほど鍛錬し、次の柱のところへ行く許可がおりる。

さらに、時透のところでは五日で次への許可が出た。

続いて甘露寺邸へ。

なぜか踊りや柔軟をこなし、続いて蛇柱・伊黒のところへ。

『俺は甘露寺のように甘くないからな』

なぜか嫌われている炭次郎。

『お前にはこの障害物を避けつつ太刀を振るってもらう』

伊黒の言う「障害物」とは、四方八方に括り付けられた隊士たちだった。

隊士たちに当たらないよう避けながらも、蛇のように曲がりくねる伊黒の攻撃を受ける炭次郎。

括られた隊士たちからのプレッシャーと緊張で手が震えながらも、四日も過ぎた頃には正確な太刀筋で打ち込めるようになっていた。

そして、伊黒の羽織に攻撃が当たった時、訓練終了を告げられる。

『じゃあな。さっさと死ねゴミカス。馴れ馴れしく甘露寺と喋るな』

嫌われたまま見送られる炭次郎。

続いて不死川の道場へ向かう途中、満身創痍の善逸に出会う。

「逃がしてくれェェ!!」

命の叫びもむなしく、不死川に連れ戻される善逸。

挨拶をする炭次郎に

『俺はお前を認めていない』と不死川。

「全然大丈夫です!俺も貴方を認めてないので!禰豆子刺したんで!」

平然と答える炭次郎。

不死川の厳しい訓練で、さすがの炭次郎も満身創痍に。

ようやく一区切りして廊下を歩いていると、不死川に「話したいことがある」という玄弥の声が聞こえてくる。

しかし、不死川は聞く耳を持たず、二人の間の溝は相変わらず埋まらないのだった。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント