【ジャンプ】アクタージュ:第39話「綻び(ほころび)」あらすじ&ネタバレ

アクタージュ:第39話「綻び(ほころび)」

※2018年10月29日発売週刊少年ジャンプ48号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】アクタージュ:第38話「開演」あらすじ&ネタバレ
アクタージュ:第38話「開演」 ※2018年10月22日発売週刊少年ジャンプ47号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 巌のニュースに観客たちが混乱する中、客...

亀太郎「お前も教えてやれよアキラ。巌裕次郎の舞台はここからが本番だってな」

まだ序盤だというのに観客を引き付けている『劇団天球』の舞台。

しかし、たった一か所の小さな綻びが全壊に繋がるのが演劇。すぐに崩れるとアリサ。

無念だけが残る舞台なんて

最初から始めなければよかったのよ

巌先生

その頃、巌の病室前で待機する墨字。

「お眠りになりました。おそらくこのまま逝かれるでしょう」

診察を終えた主治医はそう告げる。

「あれだけ執念を燃やした最後の舞台を前に…無念でしょうね」という主治医に、

『無念かどうかは本人にしか分からないので」と言い放つ墨字。

そしてそのまま病室へ入り、意識のない巌に語り掛ける。

『それでも…信じたいよな

”作品”さえ残れば…無念なんてことはねぇはずだと』

一方、阿良也たちの演技は観客を魅了しつづけていた。

その様子を見て感激する七生。

「皆すごい!ねえ、巌さ—」

巌の不在を改めて実感し、涙を流す。

そして、それを見た劇団員たちが動揺し始めてしまう。

七生の状態を見て、代役の準備をすると亀太郎。

アキラは反対するが、「出番の10分前には決断する」と七生に告げる。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント