大恋愛~僕を忘れる君と:第4話|全話あらすじ&ネタバレ

大恋愛:第4話(11月2日放送)あらすじ

侑市(松岡昌宏)へのコンプレックスから、少しでもお金を稼ごうと無謀なアルバイトで倒れてしまった真司(ムロツヨシ)。病院に駆け付けた尚(戸田恵梨香)に正直に打ち明け、愛を確認し合った。

だが…、尚は真司に抱きしめられながらも、誤って侑市の名前を呼んでしまう。

名前を間違ったことに気づいていない尚。“侑市”と呼ばれた真司はショックを受けながらも、尚の病気のことを思い、気づかないふりをするが…。
一方尚は、日常生活での失敗が増え病気の進行を自覚する中で、真司の名前を呼び間違えたかもしれないと不安になる。
翌日、退院した真司と尚のもとに、引っ越し屋の先輩・木村(富澤たけし)が、職場に置いたままだった真司の荷物を持ってやってくる。
真司が小説家だったことを知らない木村に、尚は嬉しそうに真司の著作「砂にまみれたアンジェリカ」を手渡すのだった。
そんな中、レディースクリニックで尚が診察していた患者(高橋ひとみ)が、尚の病気に気づいて…。

侑市はお見合いをした女性と、結婚を前提に付き合い始める。

真司は尚に新しい小説を書きたくなったことを伝え、二人の大恋愛について書くと告げる。

侑市の診察を受けにきた尚。そこでクリニックの患者に見られてしまう。

侑市の母に偶然会った尚の母・薫は、尚が侑市に診察してもらっていることを話す。侑市の母は「非常識だ」と憤り、すぐに病院を変えて欲しいと告げる。

クリニックのサイトに尚がアルツハイマーだという書き込みがされる。その後、キャンセルの電話が相次ぎ、ついに厚生労働省から電話がかかってきてしまう。

翌日、厚生労働省に出向く薫と尚。そこには診断書を頼まれていた侑市も来ていた。

厳しい質問をする厚生労働省の担当者。その質問を遮り、尚の症状などについて説明する侑市。

病院で尚を目撃した患者は厚生労働省の幹部夫人だった。侑市の説明を聞いた担当者は、今回の案件は審議対象に当てはまらないと結論を出す。

帰宅した侑市は尚からの感謝を伝えるメールに目を通す。そして、付き合い始めた女性からの「会いたいです」というメールを見て考え込む。

尚と話す真司は嫉妬心からか、「自分よりも侑市を頼りにしている」と言ってしまう。些細なことから口喧嘩になってしまう二人。

自分を好きになったのは病気のせいじゃないのかと言われ、真司の部屋を飛び出す尚。

アパートを出て歩いていると、一人で佇んでいる侑市と会う。

「どうしても尚に会いたくなった。尚に僕が必要なんじゃなくて、僕に尚が必要だ」と侑市。

しかし、尚は「先生には感謝しているけれど、私が愛しているのは間宮真司なんです」と言って真司の部屋に戻る。

「病気のせいで好きになったんじゃない」という尚に、真司は別れを告げる。。


コメント