【ジャンプ】ブラッククローバー:第186話「鏡の中の瞳」あらすじ&ネタバレ

ブラッククローバー:第186話「鏡の中の瞳」

※2018年12月17日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


時は少し遡り、バネッサたちがグラマーワールドに連れて行かれた直後。

アスタ・ヘンリー・グレイ・ゴードンはドロワ(ゴーシュ)・エクラ(マリー)と対峙していた。

チャーミーの不在で魔力の供給が絶たれたことを心配するアスタ。

ヤミ団長はリヒトたちを追うことにする。

「やれるなバカヤロー共ォォォ!今ここで限界を越えろ!!」

任されたアスタたちは

「「「はぁぁぁぁぁぁぁい!!!!」」」

と元気よく返事をする。

ドロワ「さて、かくれんぼだ。全員見つけてやれ、エクラ」

そう言われたエクラは、鏡魔法×瞳魔法を発動する。

「…見て…」

アスタたちの目の前に鏡が現れ、そこに映ったエクラを見た瞬間、体と魔力の自由を奪われる。

ドロワ「魔法一つ使えず、無抵抗のまま死んでゆけ…!」

その時、アスタの持つ剣から黒い霧が現れる。霧はアスタたちを包み、4人は動けるようになる。

ドロワ「…あれは…リヒトの…滅魔の剣…!?」

鏡を使って攻撃を仕掛けるドロワに、アスタたちは力を合わせて応戦する。

「どんだけ強力になっても…ゴーシュ先輩の魔法はよく知ってる…!」

変なビームで理不尽に攻撃してくるところは乗っ取られる前と変わらない・戻ったら口が悪くなる・妹の写真見せてきたり、妹の模型を作ったりする・気持ち悪い…と、口々にゴーシュの悪口を言いあうアスタたち。

『痛い目見してでも元に戻して…絶対文句言ってやる!!!!』

そう叫ぶ4人に、「こっちもまだまだこんなもんじゃないぜ?」と余裕を見せるドロワ。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント