【ジャンプ】ハイキュー!!:第332話「スター」あらすじ&ネタバレ

ハイキュー!!:第332話「スター」

※2018年12月22日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


「ヘイヘイヘイ!行くぜ行くぜ!遅れんじゃねえぞ!」

木兎はノリノリで仲間たちを煽る。

その姿を苦々しく見つめる臼井たち。

その後も木兎の勢いは止まらず、スパイクでの得点に終わらずサービスエースまで飛び出す。

『止まらないっ!木兎光太郎が止まらないー!!!』

実況も興奮していた。

貉坂20-18梟谷

木兎のサーブ2回目、蝦夷田が拾い桐生が決める。

貉坂21-18梟谷

蝦夷田のサーブを木兎が拾い、鷲尾がアタック。

それを蝦夷田が拾って再び桐生へ。

しかし、強烈な桐生のスパイクを小見が拾う。

それを見た研磨が「木兎サンに引っ張られるのかな…」と呟く。

ネット際に上がったボールに赤葦が飛びつく。

乗り遅れるな

(繋げ…なんとしても…!)

赤葦が軽く上げ、鷲尾が決める。

しかし、キャッチボール(ホールディング)の反則をとられて貉坂の得点になる。

貉坂22-19梟谷

赤葦はなんとか表情に出さないよう我慢するが、心中ではかなり焦っていた。

(俺が影山や宮侑のようであれば)

研磨たちも赤葦の様子がおかしいことに気づいていた。

「赤葦、チョーシ悪いなら一回替われば?」と木兎。

監督も選手交代のサインを出していた。

「…スミマセン」と頭を下げる赤葦に

木兎「お前『絶対に負けられない戦い』とか思ってない?」

その言葉にハッとする赤葦。

木兎「じゃあさ、今まで負けてもいい戦いはあった?」

赤葦への言葉を木葉がたしなめるが、

木兎「赤葦は俺みたいにガキじゃないから、ベンチに下げられたからってイジケたりしない。短時間で冷静に戻るよ。」

「だって赤葦だもん」

と返す木兎。

ベンチでは、赤葦が静かに次を見据えていた。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント