【ジャンプ】BORUTO:第30話「対峙!!」あらすじ&ネタバレ

BORUTO:第30話「対峙!!」

※2018年12月22日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


割ってしまった花瓶を直そうと頑張るカワキ。その様子を見ていたヒマワリに、合理的じゃないし時間がかかるから直すのはやっぱり無理だ、と告げる。新しい花瓶も買ってくれたし、もう十分だよ、と返すヒマワリ。

ボルトはそのやり取りを壁に隠れて聞いていた。

一方、木の葉の里に忍び込んだ居士は蛙の目を通してカワキを監視する。

火影の家にいると知り、うかつに手出しはできないと警戒する。

「もっとも…手を出すつもりなど毛頭ないがね…」

「期待しているぞカワキ…そして…うずまきボルト」

意味深に笑う居士。

その頃、里の外ではデルタがイライラしていた。

居士が戻ってくる気配がないため、背中から監視マシンを分離させて里に侵入させる。

花瓶の修繕に手こずっているカワキに声をかけるボルト。

「カーマの研究がしてぇんだろ?いいぜ…付き合ってやってもよ」

実戦形式が手っ取り早いと言うカワキ。二人は外へ出てカーマを発動させる。

その様子を見守るナルトとヒマワリ。

腕を変形させてボルトの攻撃を防ぐカワキ。それを見て驚くヒマワリに、カワキの体は科学忍具だと説明するナルト。

「スピードや身のこなしは悪くない」

次のステップへ進む、と言ってボルトに手のひらを向けるカワキ。

「”吸収”してみろ。いいな…よけるなよ」

突然攻撃されて思わず避けてしまうボルト。

2発目が飛んできたとき、カワキのように手のひらを向けてみるが…吸収することは出来なかった。

「いきなりできるわけねーだろが!やり方を教えろよやり方をォ!」

怒りをぶつけるボルトに、「意外とセンスねーんだな」とカワキ。

木の上では居士のカエルが二人の様子を監視していた。

言い合いを始めたボルトとカワキに、「和解の印」をして終われと声をかけるナルト。

二人が指を合わせたその時、ボルトとカワキの手に激痛が走る。

さらに、ボルトの脳裏に大筒木モモシキの姿が浮かぶ。

「…何だ?何が起きた?」

その様子を見ていた居士は、ボルトの手の傷が治っていくことに気づく。

ボルトはカワキと指を合わせた瞬間、大筒木モモシキの姿が浮かんだことを不思議に思っていた。

念のためカワキに何か見えたかと聞くが、カワキには何も見えていないようだった。

ボルトの傷が治癒したことが、カーマによるものなのかボルトの特性なのか考える居士。

(ジゲンにも同じ力があるとしたら…こいつは少々厄介だな…)

その頃、デルタの監視マシンもカワキの姿を捉える。

「見つけた」

デルタは感知されるのを覚悟で里に侵入する。

侵入者を感知したいのは、すぐにナルトへ報告する。自分が直接対処すると答えるナルト。

そして、「カワキを狙っている敵がもうすぐここへ来る」とボルトたちに話し逃げるように言うが、一足先にデルタが到着してしまう。

「…てめー…デルタ…!」

デルタの姿を見て驚くカワキ。

「あたしのお仕置きがどんなに壮絶か…よく覚えてるみたいね」

ナルトはボルトたちを庇うように立ちはだかる。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント