【ジャンプ】約束のネバーランド:第113話「楽園の王」あらすじ&ネタバレ

約束のネバーランド:第113話「楽園の王」

※2018年11月26日発売週刊少年ジャンプ52号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


2047年10月ーーー

とある農園に警報が鳴り響く。

「モーモタロサンモモタロサン♪オコシニツケタキビダンゴ…」

「キビダンゴって何?」

「知るかよ」

「ってか何だ、その歌」

「ん?何かァ…」

「鬼退治の歌」

4人の侵入者によって、農園は壊滅状態に。

侵入者の女「ねえ、後であいつら食っていい?」

侵入者の男1「好きにしろ。どうせよせっつってもまた食うんだろ」

侵入者の女「だってさァ、アタシらばっか食われてムカつくだろ」

「食用児(アタシら)ばっか。マジ超ムカつく」

侵入者の男1「確かにムカつく…ムカつくよなァ」

侵入者の男2「私も『ムカつく』が…他に語彙はないのか?」

侵入者の男3「あうあー…」

そんな会話をしながら、4人は量産されている食用児のもとへ。

そこにはもう一人、「ミネルヴァ」と名乗る男が立っていた。

「『悲歌慷慨』運命などに悲しみ憤り嘆くことだ」

彼らの目の前には、食用児たちが手足を繋がれ劣悪な環境で育成されていた。

「ザジ」(侵入者の男3)

ミネルヴァにそう呼ばれた男は、食用児の手枷・足枷を破壊する。

ミネルヴァ「君たちを助けに来たんだ」

しかし、装置を外せば食用児たちは死んでしまう。

ミネルヴァ「悔しいが、僕たちにできることはない。だがせめて、全員の手足の枷を外してやろう」

「次に生まれてきたときには、人間として生を全うできますように」

そういって、装置の電源を落とすミネルヴァ。

侵入者の男2「それで?この後はどうする?予定通り…」

ミネルヴァ「焼き尽くせ」

「農園は破壊する。例外なくだ」

そして、農園に火を放つミネルヴァたち。

ミネルヴァ「農園を破壊し、全食用児を解放し、この世界(ネバーランド)を終わらせる」

そして…

「私は食用児(きみたち)の楽園をつくろう」

ミネルヴァの想像の中では、たくさんの子どもたちが彼の名を呼び讃えていた。

一方、電話の相手(ミネルヴァ)からの暗号を解読するエマたち。神話の本にそって解読すると、「go to the jaw of lion(ライオンのあごへ行け)」という言葉が浮かび上がった。

「ライオンのあご」がシェルターの地図に載っていたことを思い出すエマたち。

ここから西へ10日ほど歩いた先にある荒野

この”電話の主”(ミネルヴァさん)が来いといってるのはそこだ

エマたちは「ライオンのあご」に向かうことを決める。

(ユウゴ…ルーカス…みんな)

「行ってきます!」

エマたちは最後の旅、ミネルヴァの待つ場所へと旅立つのだった。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント