【ジャンプ】食戟のソーマ:第293話「猛る兵装」あらすじ&ネタバレ

食戟のソーマ:第293話「猛る兵装」

※2018年12月22日発売週刊少年ジャンプ掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください


『一回戦、サージェvs幸平創真ぁ!!間もなく試合開始です!!』

実況の声が響き渡る。

サージェ「貴様にはここで消えてもらうぞ。朝陽様のためにも…!」

創真「朝陽?」

創真は朝陽の名を出すサージェに何か知っているのかと聞くが、何も答えてくれなかった。

その時、試合の対戦テーマが発表される。

「お題は、クリスマスパーティを盛り上げる…ケーキだ」

「最高に美味しいケーキを出していただく!!」

それを聞いてどよめく会場。8月に開催される大会で、しかも料理コンクールでケーキとは誰も予想だにしていなかった。

創真に菓子を作って極めた経験はあるかと問うサージェ。

授業で基礎を教わって、何度か遊びで作ったことがあるくらいだと答える創真。

「フン…そこが違うのだ、表の連中と我々ではなァ」

そういってサージェは兵装料理を繰り広げる。

チェーンソーにスレッジハンマー、起爆装置のような特殊改造オーブンを駆使し、見事なケーキを作り上げる。

「これが私の『クラスターボムケーキ』、その全容である!」

サージェのケーキに魅了される審査員たち。

そして、ついに創真の番が回ってくる。

「この次元の美味…作れるものなら作ってみろ!」

それを聞いた創真は…

「奇遇っすね。俺も持ってるんすよ、チェーンソーなら」

そういって創真が取り出したのは…

スーパーやコンビニでアイスを買うと貰える、木製の平たいスプーンだった。


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント