鬼滅の刃:第111話「芸術家気取り」あらすじ

鬼滅の刃第111話:芸術家気取り

※2018年5月28日発売週刊少年ジャンプ26号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください。


時透たちに自己紹介をする玉壺。

自分の作品を見て欲しいと出したのは、刀鍛冶たちの遺体で作り上げた作品だった。

鉄穴森たちはかつての仲間たちの名を呼び、悲しみに暮れる。

時透が玉壺の話を遮り斬りかかるが、別の壺に移動し仕留めることができない。

壺を壊されて激高した玉壺は金魚を召喚する。金魚の口からは無数の針が飛び出した。

時透は避けるが、小鉄に向かって針を飛ばす金魚。

とっさに庇い、全身に針が刺さる時透。

「つまらない命を救って、つまらない場所で命を落とす」

玉壺の言葉に、何かを思い出しそうになる時透。

しかし、暑い夏のセミがうるさく鳴く夜だったことしか思い出せなかった。

一気に間を詰めて、玉壺の首に刀で斬りかかったその時、玉壺は「血鬼術・水獄鉢」を発動する。

水で出来た鉢に閉じ込められた時透。

斬ることも出来ず身動きも取れない。

勝利を確信し、高笑いをする玉壺。

その時、近くの森では恋柱が里に向かって走っていた。。

–第111話おわり–


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

コメント