【ジャンプ】ONEPIECE(ワンピース)第920話「おでんが好き」あらすじ

ONEPIECE(ワンピース)第920話「おでんが好き」

※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】ONEPIECE(ワンピース)第919話「おでん城跡」あらすじ&ネタバレ
ONEPIECE(ワンピース)第919話「おでん城跡」 ※2018年10月1日発売週刊少年ジャンプ44号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ お玉と別れの挨拶...

おでん城–本当の名は『九里城』という。

九里の人々は城主であったモモの助の父・おでん様を大変慕っており、そのため親しみを込めて「おでん城」と呼ばれていたのだった。

おでんは当時の将軍「光月スキヤキ」の息子だったが、破天荒で暴力事件ばかり起こしていた。

そして、おでんは「花の都」を追放され、罪人や浪人が集まる無法地帯「九里」へ。

そこで最も危険な男「アシュラ童子」を討ち取り、九里のならず者たちをまとめ上げたのだった。

おでんはそれまで悪事しかできなかった者たちに働くことを覚えさせ、町や城を築き「桃源農園」を作った。

そのおかげで九里は活気のある町となり、将軍スキヤキに認められて「九里大名」の地位を与えられた。

そんなおでんの口癖は『窮屈でござる!』だった。

ルフィたちがおでん城で話を聞いている頃、迷子になったゾロは船着き場へ到着していた。

同じころ、九里のとある海岸ではイヌアラシ公爵がおでん様との思い出を語っていた。

ワノ国の人々は流れ着いたイヌアラシ公爵たちをただ怖がるばかりだったが、そんな中で彼らを救ったのがおでん様だったのだ。

一方、錦えもんからおでん様の最期を聞いたルフィたちは衝撃を受けていた。

ルフィたちにとっては20年以上前の話になるが、時を越えてきた錦えもんたちにとっては、ほんの数か月前の出来事だった。

処刑場から逃げ出した錦えもんたちはおでん城へ。

途中でネコマムシとイヌアラシがいがみ合いオロチの手の者に捕まるが、モモの助を救うために誰かがおでん城へたどり着かなければと錦えもんたちは足を止めずに向かったのだった。

しかし、城へたどり着いた時には、すでにおでん城は火の海となっていた。

城内にはモモの助と妹君の日和様、そして母君の光月トキ様が取り残されていた。

モモの助の母トキは「トキトキの実」の能力者で、未来へ行くことができる。

トキは錦えもんたちを未来へ送り、自らはおでんと運命を共にすると決めていた。

錦えもんたちは気づくと、焼け落ちた城跡にたたずんでいた。

そこには錦えもんたちの墓がたてられていた。

錦えもんたちはトキの力で20年後の世界へ飛ばされたのだった。

変わり果てたワノ国、共に戦う仲間は見つからないと思われたが、20年前にトキが遺した言葉と錦えもんたちの遺体が見つからなかったことから、密かに足首に月の印を彫って待ち続けていた者たちがいた。

そして、お菊に敵側の情報を探らせている間に、錦えもんたちはワノ国を出て仲間を探すことに。

「ゾウ」へたどり着く前に雷ぞうと、「ドレスローザ」ではカン十郎と離れ離れになってしまうが、「パンクハザード」でルフィたちに出会った錦えもん。

彼らの戦力は

  • ルフィ率いる麦わらの一味
  • ローが率いるハートの海賊団
  • イヌアラシの銃士隊
  • ネコマムシの侠客団

理想とする戦力は5千人だと錦えもん。

ルフィたちに、二週間後の火祭りの夜にカイドウが住む鬼ヶ島へ渡り、「討ち入り」を決行すると告げる。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント