【ジャンプ】呪術廻戦 第140話「執行」あらすじ感想レビュー【ネタバレあり】

呪術廻戦 第140話「執行」あらすじ感想

※この記事はネタバレを含みます。また、誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

悠仁たちの前に現れたのは、かつで五条に師事した兄弟子である、呪術高専2年・乙骨憂太でした。初対面の悠仁は誰かわからず「誰?」と問いかけますが、脹相は悠仁を狙う死刑執行人だと気づいていたようです。

禪院直哉が「きみ、乙骨くんやろ?」自分は味方だ、と言ったことで、ようやく目の前の人物が五条と同じ特級術師の実力を持つ敵だということに気がついた悠仁。

そして、直哉が乙骨に自己紹介をしている隙に、脹相は悠仁に逃げることを提案します。さらに『直哉は自分が足止めをするから乙骨から逃げることだけを考えろ、戦ったら死ぬぞ』と言い終わったと同時に、直哉と乙骨が二人に襲い掛かるのでした。

悠仁を追う乙骨、脹相は直哉と対峙します。

直哉は脹相の技を見抜いて自分には勝てないと言い放ちますが、『俺の弟に手を出して生きて帰れると思っているのか?』と強気な脹相。

一方、乙骨から逃げる悠仁は放置車両を盾にして屋内へ逃げ込もうとしますが、建物へ走り出した悠仁の目の前に放置車両が飛んできます。自分はパワータイプに見えないから驚いたかと聞く乙骨。

『パワーがなくても…とんでもねぇ呪力量だ…』

乙骨からパワー不足を補うほどの呪力量は五条悟をしのぐと聞き驚く悠仁。普通、一流の術師ほど呪力の流れが読みづらく、攻撃が予測できない。しかし乙骨は刀を含めて全身から呪力が立ち昇っており、それは繰り出すすべてのダメージが決定打になり得るうえ、受けるすべてのダメージを最小限に抑えることができることを意味するのでした。

そんな圧倒的不利な状況でも

『悪いけど死ぬわけにはいかねぇんだわ』

悠仁は諦めていないのでした。。

コメント