【ジャンプ】アクタージュ:第37話「混乱」あらすじ&ネタバレ

アクタージュ:第37話「混乱」

※2018年10月15日発売週刊少年ジャンプ46号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】アクタージュ:第36話「巌裕次郎」あらすじ&ネタバレ
アクタージュ:第36話「巌裕次郎」 ※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 『巌裕次郎になって、あの劇団を導くこ...

『巌さんが来れない…?

どういうこと景…』

開演直前、景は巌が危篤だとみんなに告げる。

信じられない様子の彼らに、ずっと病気を患っていたこと、モルヒネで痛みを紛らわしていたことを話す。

いつ亡くなってもおかしくないと聞き、亀太郎は公演を延期して巌のところへ行こうと提案する。

しかし「親の死に目に会えないのが役者だ」と答える阿良也。

俺たちはあの人のために芝居をしていたわけじゃない

あくまで自分のためにだ

そうだろ?

だけど、そうだな…

確かに知らなかった

あの人への感情が…

思い出が…

こんなにも心を乱させるなんて

知らなかった

いつも冷静な阿良也だが、さすがに動揺を隠せないようだった。

(無理もない)

(皆、巌さんと芝居をするために今までやってきたのだから)

困惑する劇団員たちを見つめる景。

その頃、すでに客席はほぼ埋まっていた。

ネットニュースで巌の入院が報じられ、観客がざわつき出す。

すでに客席全体が混乱しており、芝居に集中できるような状態ではなくなっていた。

再び楽屋。

阿良也の首を締めあげる景。

「何のつもりだ」と阿良也。

『こういう時、巌さんならこうするから』

自分が巌なら、カムパネルラなら、皆が星みたいに輝き続けるのを銀河鉄道の車窓から見ていたい。

それが巌にとっての一番の幸(しあわせ)だから、と景。

なんでそんなことがわかるんだと問う亀太郎。

『だって巌さんは演出家で

私たちは役者だから』

その言葉に何かを感じる阿良也たち。

「役者を名乗る覚悟か…

そうだったね」

決断した様子の阿良也。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント