【ジャンプ】ハイキュー!!:第321話「禽獣角逐(きんじゅうかくちく)」あらすじ

ハイキュー!!:第321話「禽獣角逐(きんじゅうかくちく)」

※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】ハイキュー!!:第320話「師弟・2」あらすじ&ネタバレ
ハイキュー!!:第320話「師弟・2」 ※2018年10月1日発売週刊少年ジャンプ44号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 夏合宿の回想。 黒尾のアド...

手に汗握る攻防は続く。

研磨のボールに反応する西谷と日向。

しかし、ネット際で日向がボールにワンタッチしたことで、拾うために飛び出していた西谷より後ろへボールが向かってしまう。

頭のてっぺんから
足指の先まで
今の俺の筋肉は
必ず 応える

西谷は即座に反応し、足のかかとでボールをけり上げる。

返球はそのまま音駒のコートへ落ちる。

ミラクルプレーに盛り上がる人々。

雰囲気に飲まれないよう自らを言い聞かせる研磨。

「こっちおいで」

レシーブでブロックを自分へ引き付け、ライト側に流して山本が決める。

日向に代わり、ピンチサーバーは山口。

山本がレシーブ、黒尾がアタック。

月島がワンタッチで防ぐ。

その球を影山がトスし、月島が決める。

続けて山口のサーブ。

山本が拾い、自らアタック。

この時点で14-14。

俺達は

俺達の芯が何かを

証明する

澤村がバックアタック。

しかし、ネットに阻まれ自コートへ落ちる。

そして、音駒は犬岡を投入する。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント