【ジャンプ】約束のネバーランド:第106話「活路」あらすじ&ネタバレ

約束のネバーランド:第106話「活路」

※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】約束のネバーランド:第105話「まやかし」あらすじ&ネタバレ
約束のネバーランド:第105話「まやかし」 ※2018年10月1日発売週刊少年ジャンプ44号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 迷路のような抜け道を進むエマ...

出入り口が塞がれ万事休すのエマたち。

追っ手を前にどうやってこの窮地を脱するか思案していた。

一方、エマたちを狙うアンドリューも急襲したにも関わらず避難が早かったこと、「七つの壁」について調べ上げていたこと、一族がバイヨンに流していたものと違う武器の存在から、支援者が隠し持っていた情報は不完全で、図面にない部屋が存在するのでは?と考えていた。

レイは仲間たちを無事に脱出させるためには、追っ手を全員殺すしかないと決意していた。

しかし、相手が「人間」ということで、エマや他の仲間たちに手は下せないはず。

ユーゴやエマたちもこれからどう動くか、それぞれ思案していた。

その時、エマたちを追っていたロッシーが到着する。

ロッシーは追っ手の一人から奪った通信機をエマに渡す。

ロッシーはエマたちを追いかけながらアンドリューたちの通信を聞いていた。

彼の情報をもとに敵の位置を割り出すエマたち。

出入口は全て押さえられていたが、エマたちの行く手を塞ぐ敵の位置は「北の廊下」だけだと分かり、敵の到達前に繋がっている道を突っ切れば包囲が崩せるとエマ。

仲間の一人が「なぜ隙がうまれる配置なのか」疑問を口にする。

電話のある隠し部屋と武器庫は追っ手も把握していないのでは?とロッシー。

ルーカスの居場所をロッシーに聞くエマ。

ルーカスはモニターを壊してからいつもの出入り口を開けてくるとロッシーに伝えていた。

そこで、隠し部屋と武器庫の存在が気づかれる前に、武器庫を抜けていつもの出入り口から脱出すると決めるエマたち。

エマたちより先に出口から脱出したルーカスは、追っ手の一人を始末する。

その音に気づくアンドリュー。

遅れてエマたちも脱出。

ルーカスと合流したユーゴは、全員を逃がし二人で追っ手を始末すると告げる。

ルーカスとユーゴを残し、移動を始めるエマたち。

郷愁のシェルター

ああ

俺たちの墓場にはうってつけだ

二人はすでに覚悟を決めていた。。


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント