【ジャンプ】鬼滅の刃:第129話「痣の者になるためには」あらすじ&ネタバレ

鬼滅の刃:第129話「痣の者になるためには」

※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】鬼滅の刃:第128話「御教示願う」あらすじ&ネタバレ
鬼滅の刃:第128話「御教示願う」 ※2018年10月1日発売週刊少年ジャンプ44号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 刀鍛冶の里の復興と移転が急がれる ...

痣が発現した時の状況を詳しく話し始める時透。

  • 前回の戦いで毒を食らい動けなくなった
  • 呼吸で血のめぐりを抑え、毒が回るのを遅らせようとした
  • 自分を助けようとした少年が殺されかけた時、昔の記憶が戻った
  • 強すぎる怒りで感情の収集がつかなくなった
  • 心拍数は200を越え、体温は39度以上になっていた

この状況で死ぬか死なないかが、痣が出る者と出ない者の分かれ道だと時透。

体温39度はなぜ導き出せたのかと問うあまね。

時透は胡蝶のところで治療を受けた際にも熱を出したが、その時体温計で計ったら39度だった、その時の体の熱さと同じだったと答える。

集まっていた柱たちは、痣の発現が柱の急務だと認識する。

あまねは痣の訓練について伝えることがある、と告げる。

「すでに痣が発現した者は例外なく…」(ここで話が途切れる)

あまねが退出し、自分も早々に立ち去ろうとする水柱の冨岡義勇。

今後についてみんなで話すべきだという実弥。

「俺には関係ない」という富岡に嫌悪感を露にする蛇柱の伊黒小芭内。

胡蝶も理由を説明して欲しいと引き止めるが、「俺はお前たちとは違う」とだけ答える富岡。

その態度に憤る実弥が富岡に掴みかかろうとしたその時、岩柱の悲鳴嶼行冥が「ひとつ提案がある」と話し始める。

その頃、蝶屋敷で療養中の炭次郎のもとへ鋼鐵塚がやってくる。

なぜか息も絶え絶えの鋼鐵塚は炭次郎に刀を渡す。

受け取った刀を確認する炭次郎。

刃には「滅」の文字が。

これを打った刀鍛冶が

全ての鬼を滅するために作った刀だ

作者名も何も刻まず

ただこの文字だけを刻んだ

と説明する鋼鐵塚。

この刀の後から階級制度が始まり、柱だけが悪鬼滅殺の文字を刻むようになったのだった。

前の戦いで使ったときはこの文字がなかったという炭次郎に、第一段階までしか研ぎ終えてなかったからだ「ブチ殺すぞ」と怒りを露にする鋼鐵塚。

炭次郎に「死ぬまでみたらし団子を持ってこい」と脅しをかけ、その場を後にする。

隣で寝ていた玄弥が「うるさい」と文句を言ったその時、窓を割って伊之助が飛び込んでくる。

『合同強化訓練が始まるぞ!』


※誤字脱字、解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

コメント