【ジャンプ】食戟のソーマ:第282話「ゆきひらという場所」あらすじ&ネタバレ

食戟のソーマ:第282話「ゆきひらという場所」

※2018年10月6日発売週刊少年ジャンプ45号掲載

この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください

\前話のあらすじはこちら/

【ジャンプ】食戟のソーマ:第281話「THE BLUE」あらすじ&ネタバレ
食戟のソーマ:第281話「THE BLUE」 ※2018年10月1日発売週刊少年ジャンプ44号掲載 この記事にはネタバレが含まれておりますのでご注意ください \前話のあらすじはこちら/ 大逆転で期末試験を合格した...

十傑の店に現れたのは…

創真の父・城一郎だった。

突然の訪問に「聞きたいことが山ほどある」と才波朝陽の名を口にする創真。

しかし、質問に答える代わりに城一郎が取り出したのは「BLUE」の出場ノミネート通達書類だった。

その後、鈴木講師の正体が朝陽であること、海外で目をかけていた弟子であることを話す城一郎。

さすがにショックを受けたかと心配するが、創真は「BLUE」でリベンジができると喜んでいた。

喜んで受け取る、とノミネート書類に手を伸ばす創真。

しかし「渡す前に質問がある」と城一郎。

『お前はまだ

食事処ゆきひらを

継ぎたいって思ってるか?』

城一郎でも獲れなかった第一席になった創真。

定食屋を継がずに自分のやりたいことをしろ、と告げる。

その言葉に、今さら何を言うんだと創真。

城一郎は遠月で第一席まで上り詰め、さらにBLUEで結果を残せばもっと輝かしい舞台が待っていると考えていた。

『だから…ゆきひらなんてちっぽけな場所に収まんなくても…いいんだぜ』

城一郎のその一言で、創真はある決意をする。

『BLUEで優勝できなきゃ

俺はゆきひら継がねぇ!!』

自分にとって「ゆきひら」は世界で一番の看板、それを継ぐなら世界一の料理人にならなければ、と創真。

創真の決意を聞いて、喜ぶ城一郎。

『やっぱり…

俺らの息子は大したもんだぜ

お前に似て…な』

城一郎は満天の星空を見上げる。

幸平創真 16歳

高校2年の夏休み

しかし

それは勿論安らかなる休息とは

かけ離れたものになる…

創真にとって

もっとも熾烈で危険な闘いの日々

最強最悪の

料理人バトルロイヤルが始動する…!!


※誤字脱字・解釈の違いはご容赦ください。

参考サイト

 

コメント